Read more

入院19日目

いよいよ今日から、主人の脳にできた悪性リンパ腫(PCNSL)に対する治療が始まりました。最初の入院から三週間になろうとしています。私にとってはあっという間で、同時に気が遠くなるような長い時間でした。現在、PCNSL(中枢神経原発リンパ腫)の治療はメソトレキセートorメトトレキサート(MTX)という抗ガン剤を中心静脈から大量に投与する化学療法が一般的だと思います。その後、患者さんによっては放射線の全脳照射がありま...

Read more

入院18日目

脳の生検術から6日たちました。病室へ行くと、看護師さんから待ちに待ったお話がありました。「やっと熱が下がり、血液検査の結果も安定してきたので、明日から化学療法が始まります」本人は治療が始まる事など分かってないと思いますが、熱が下がったせいか目をはっきり開けて周囲を見回したり、抑制グローブをはめた手でしきりに頭を触ったり、右足を動かしてベッドの柵を確かめたりと、活動的です。ネットや本で調べると、PCNSL...

Read more

入院17日目

今日も主人の熱は38℃台。抗ガン剤治療はまだ始まりません。もしかしたら、もう助からないかもしれない…。入院前からずっと眠りが浅く、少し眠ったと思うとうつろな目で空を見つめ、ほとんど意味をなさないうわごとをつぶやく主人のそばで、頭に浮かぶのは、どうしても暗いことばかりです。もっと早く気づいてあげれば、前の病院をあんなかたちで退院しなければ、こんなことにはならなかったのに…。2人だけの部屋で、心電図モニター...

Read more

入院16日目

いつものように病棟へ行くと、主人はHCUから元の病室へ戻っていました。熱はまだ下がらず。そして血液検査の結果、ナトリウムの数値が良くないということで、抗ガン剤治療はまだ始まりません。話しかけても返事はないか、もしくは意味不明のうわごとを言うだけですが、それでもいろいろと話をしてみます。実は聞こえているかもしれません。一般病棟にはテレビがあるので、ニュースを見ながらお茶の間のおばさん状態になり勝手な事...

Read more

入院15日目

脳の生検術(脳腫瘍の組織を少し取って調べる手術)を受けた主人は、数日HCU(ハイケアユニット)に入りました。だいたい3日間ほどいて、問題がなければ一般病棟へ移るパターンが多いようです。主人は今日も意識がはっきりせず、しかもしゃっくりが断続的に続いていました。でも目に生気が戻り、私をちゃんと見ているので少し安心です。ずっとついていた酸素マスクはもうはずれましたが、心電図モニターと、点滴が数種類、2時間お...