Read more

入院222日目

退院を明日に控え、最後のリハビリに立ち会ってきました。理学療法では、昨日まで階段の昇降を嫌がり、「そんな事したら死ぬ」とまで言っていたそうですが、今日は廊下から主治医の先生と一緒に歩き、階段も3往復、立ち上がり、足上げ、一生懸命やりました。なぜか最小歩数で歩きたいのか、歩幅が広くなって、非常に危なっかしい時もありますが、左足がしっかり振り出せれば上手に歩けます。もしかして、走ってみたいのかなぁ?言...

Read more

入院221日目

病院の廊下で転倒して頭を打ち、直後二度もけいれんの大発作を起こした主人。一時は最悪の事態を覚悟しましたが、10日たってようやく元の状態の9割近くまで復活しました。望みうる最善の回復です。本当に嬉しいです。食後はAさんのお部屋でゆっくりお話しをしました。次に会える時、二人はどれぐらい元気な表情を見せられるかしら。必ず再会しようと約束して別れました。お互い家に帰れば、新しい環境に刺激を受けるはずです。も...

Read more

入院220日目

「どう?具合は?」相変わらずぼんやりな主人に、背後から元気よく声をかけたら「うるさい!」と叩かれてしまいました。でも、そんな事でメゲる私ではありません。「調子どう?」←ひそひそ声黙ってうなづく主人。「疲れてる?」再びうなづく主人。夕食が来るまで、背中をさすって肩を揉んで。左半身に痛くない程度に刺激を与え、少しでも感覚を取り戻してもらおうという作戦です。食事は7割がた一人で食べてくれました。食後、テレ...

Read more

入院219日目

寒い雨の1日でした。朝から体調が悪く、手足が冷えてめまいや悪寒がするため、体を休めるのは今しかないと、会社を早退しました。まっすぐ家に帰ってぐっすり寝たいところですが、今日は病院でシャワー浴があり洗濯物を回収しなくては…。ついでに夕方の作業療法を見てきました。やはりぼんやりと宙を見つめる主人に、悲しみよりも「おいおい!いい加減にしろよ~~」という気持ちがわいてきました。「ほら、手が動いてないよ。1...

Read more

入院218日目

転倒事故から一週間、主人は昨日とほぼ変わらずでした。ちょうど3ヶ月前に戻った感じでしょうか。明らかに右脳の機能が落ちました。けいれん発作が右脳から始まった事と関係があるのか(右脳に何か問題がある)、それとも一時的な症状なのかは分かりません。発作後数日は、意味不明な気だるい独り言が多かったのですが、今は逆に発話自体が大幅に減りました。本人との会話で推測できるのは特に痛みはなく、ただ全身がだるいとのこ...