Read more

河口湖の湖畔にて

次の日は梅雨が明けたような、夏の日差しが降り注ぐ一日になりました。私は熟睡できず、W杯の試合をうとうとしながら見てました。テレビを見たい気持ちもありますが、主人の様子をみなくてはいけないので、ゆっくり眠れないのです。ホテルのベッドは家に比べて通気性が悪い(防水シーツを敷いてるため)ため1~2時間おきぐらいに様子を見ます。冷房をつけると寒くて身体が冷え冷えになりますし、切って寝ると、背中じゅうものすご...

Read more

気を取り直して…こんなお食事を頂きました♪

富士レークホテルでの夕食です。お部屋食にして頂き、主人のメニューは嚥下に配慮した内容に変えてもらいました。また、宿泊プランが『夕食は量より質』というプランでしたので女性や高齢者にちょうどよい量のお食事でした。若い方や男性には少ないと思います。私と主人は、お腹いっぱいになりました♪お部屋食って、せっかくのお料理が冷めてたり、全部一度に並べられたりとあまり良いイメージなかったのですが、こちらのお料理は...

Read more

お風呂の後はお食事で…まさかの大げんか

最初にお断りしておきますが、決してホテルのお料理云々に怒った訳ではなく…。私は、主人がわざとむせるように食べるので(いや、高次脳機能障害だから不可抗力なんですけどね)主人は(これは推測ですけど)私がビール(アルコール入り)を飲んだあげく、食べ方についてあーだこーだ文句を言うので二人でへそを曲げてしまい、食事の後で珍しく大げんかしました(笑)すぐ仲直りしましたけど。失語症の主人とは、まともな口喧嘩は...

Read more

Go Time!(行くぜ!)

せっかくの温泉なんですが、入浴中の写真は一切ございません。ご了承下さい。写真を撮る時間も心の余裕もないのが入浴介助ですし、まぁ由美かおるさんならともかく、オッサン入浴シーンなんか見てもつまらないですしね…。なぜ余裕がないかというと、麻痺した身体は、水に対して『抵抗力ゼロ』なのです。つまり…。★滑る。麻痺側のかかとを濡れた床においた瞬間、つるっと滑ります。踏ん張れません。★浮く。浮き輪と同じぐらい簡単に...

Read more

おまけ 障害者の旅行は荷物が多いのです

旅行の荷物はコンパクトなのが一番ですが、我家の場合はそうもいきません。1泊2日でも、主人の着替えは予備を考えて上下下着全て3組ずつ、入浴時に着るバスローブ、入浴ベルト、急に冷え込むと困るので厚手のひざ掛けとジャンバーも。その他に胃ろうグッズ。使った後はこんなふうにタオルハンガーにかけて乾かしてます。これは『接続チューブ』と『懸濁ボトル』。他にカテーテルチップ(シリンジ)が必需品です。後は、トロミ剤、...