我が家の『流動食半固形化マニュアル』その1

こないだ作り上げた、主人の流動食半固形化マニュアルです。

こんなのアップしてどーすんのって感じもしますが、
まぁ、頑張ったんでチラ見してください…。

しつこくチョイ悪親父verの表紙です。
20110910_02.jpg

1.流動食の半固形化に必要なもの
hanko01_01.jpg

1.ツインライン流動食…… 1箱 400kcal 400cc
2.イージーゲル……ゲル化剤 2袋で50kcal 108cc
3.ボウル……800ccぐらい入る、ちょっと深さがある方が混ぜやすいです
4.コップ……お薬を懸濁する時に使います。目盛り付きを推奨
5.お薬……溶けにくい薬剤は、全て粉にしてあります
6.胃ろう接続チューブ……ボーラス投与専用です
7.カテーテルチップ……50ccのものが使いやすいです
8.スプーン……流動食を混ぜます

※器具は使い回しますので、塩素or熱湯消毒できる素材がベスト。目盛りがついていると尚便利。
※これは、あくまで我が家専用です。流動食も半固形化剤もたくさん種類がありますよ。

あると便利なもの
hanko01_02.jpg
タオル、ティッシュ、ペーパータオル、プラスチックの手袋


注意:半固形化を試してみようと思う方へ

長期間液体の流動食を滴下注入されていた方がいきなり500ccを注入すると、
確実にお腹が苦しくなります。
しかし少量すぎでも胃がしっかり動きません。
まず最初は300ccを15分で注入することから始めてみましょう。
ていうかうちは最初は手間取って40分ぐらいかかりましたから、
あまり時計にこだわらず、その方が口でゆっくり食べるのをイメージされると良いのかな、と思います。
あ、始める前に絶対にかかりつけ医師の指導(最低でも賛同)を受けましょうね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2011/09/19 (Mon) 08:49
    かに座 #5M9x2NWk - URL

    凄い 凄い。私が2年以上かけてやっている事が全部網羅されています。病院でも 主治医でも半固形化については殆ど指導無くて本を見たりブログを見たりでやっています。ひょっとしてお仕事医療関係ですか?

  • 2011/09/21 (Wed) 00:57
    mikomona #- - URL
    Re: タイトルなし

    いえいえいえ、とんでもない、大先輩のかに座さんにはとてもかないませんです。

    まだ詰め切れてない部分も多いので、改訂していかないと…。

    医療とは無縁の人生でしたので、全て一から独学です。
    幸いネットという強力な参考書がありますので、
    在宅の方、病院、医師の論文、理解できなくても片っ端から読んで勉強してます。

    半固形化はまだ明確なエビデンスがないので、
    一般的なお医者さんの立場としては、「効果はハッキリ言えないけど、やりたければやってもいいよ」って感じだと思います。

    半固形化剤もたくさん出てはいますが、できあがった流動食の粘度がメーカーによって全然バラバラですしね。
    (ラコールとイージーゲルだときっちり20,000cp出るらしいですよ)

    先週は下痢させてしまい、大反省。
    まだまだ至らないことばっかりです。
    かに座さんのなさっている細やかな介護は本当に励みになり、勉強になります。
    今後ともぜひよろしくお願いします。

    台風15号であちこち大変なことになってますね。
    どうぞお気をつけて下さい。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する