半固形化流動食の温度の問題

8月の半ばから始めた流動食の半固形化ですが、
1ヶ月たって突然下痢するようになってしまい、ここしばらく滴下に戻したり、また半固形化したり
試行錯誤でした。

で、今朝思い切って、ちょっと温かくして注入してみると
ぱっちり眼が覚めているにも関わらず、文句を言わないんです。
「気持ち悪くない?」
「うん」

おっ!

いつもは途中で「もういい」と言われてしまいますが、
今日は20分で全量(500cc)入りました!

お腹もゴロゴロしてません。

温度の問題だったのか??


もちろん、今までも『人肌に近い温度』にあたためて注入してました。
でも、特にボーラス投与は大量の流動食が一気に胃の中に入るためあんまり温かいと、ダメなんじゃないかな?
と思って、けっこうぬるめにしていたんです。
どうやらぬるすぎたみたいです…。

そうだよね、作った時は『ぬる燗』でも、注入しているうちに覚めちゃうよね…。

夜も、温めたツインラインをイージーゲルで固めて注入しました。

ゴロゴロなし♪
やった…かも!!!


ちなみに、液体のツインラインをレンジで30秒加熱、40℃近くにしてから
室温のイージーゲルを混ぜます。
少しおいて、37℃まで下がったところで注入開始。
注入途中で冷めたら、湯煎で少し温めます。
温度が上がると流動食はゆるくなってしまいますが、
ピルクルもまぜて無事600cc、注入できました。

これで落ち着いてくれるといいな…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する