『天使のつばさ』を購入

この間は『天使のねんど』を買って楽しく粘土遊びをしましたが、
今回はあまり楽しくはない買い物です。

『天使のつばさ』はペット用の棺です。

特殊なビニールのボックスと、美しい白布のおくるみがセットになっています。

この中にペットの亡骸を入れて蓋を閉めると、数週間自宅で保存ができます。

こたろう猫の時もこれを使わせてもらいました。
実際は数週間も保存した訳ではなく、翌日火葬にしたのですが、
中にベランダで咲いていた花、キャットフード、またたびを入れて
やわらかなおくるみで包んであげると、気持ちが随分楽になりました。

本当は前もって準備するようなものでは(気持ちの上では)ないのですが、
ペットの火葬業者さんも忙しい時期があるそうで、日程によっては数日待たされることもあるので、
やはりきれいなまま眠らせてやりたいですからね。一つ買っておくことにしました。

それからペット用のオムツ。
しっぽが出る穴があいています。

最期の1~2日は寝たきりになってしまう可能性が高いですから、
やはりオムツは必要です。


まだ懸命に頑張っているもも猫のために、こういうものを買うのは
正直申し訳ないと思います。

でも、あるとないとでは気持ちの余裕が違います。


先日弟と話し合って、積極的な治療はしないことに決めました。


昨日はキャットフードと水を少し飲み、ゆでたブロッコリーを食べたももですが、
今朝は何も口にできません。
でも苦しがる様子はなく、私のベッドの上で丸くなり、おだやかに眠っています。
すぐそばに、なる猫が寄り添ってます。

これがもも猫にとって一番、苦痛やストレスが少ない状態なのだ。

私の結論です。



幸いなことにみんみん猫は元気いっぱいで、朝から缶詰と私の食べていたチーズトーストをおねだりしました。
一時期は食べられなくて、ぐったりしてたんですけどね。
だから、回復する力が残っていれば、もも猫も必ず回復すると信じています。
がんばれ~!もも猫!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する