ティラミス事件

土曜日、主人は一週間の疲れが出たのか、午後までずっと寝ていました。

もも猫も決して回復したわけではありませんが、落ち着いてます。
時折ベッドから下りてきて水を飲みたがるので、
容器に水を入れ、手に持って飲ませてやります。
食欲のない猫でも、ご飯を手に載せるとわりと食べるんですよね。
(もも猫は食べてくれませんが…)
ひとしきり飲むとまたベッドへ。
静かな休日です。

おかげで私も思う存分ネット三昧♪掃除も洗濯も明日でいいや。


午前中ずっと寝ていましたから、昼の経管栄養は半分の量にしました。
病気になる前も、休日のお昼は本当に少ししか食べませんでした。
どうも、体調に関係なく同じ量の栄養を入れているから、下痢をするような気がするんですよね~。

15時すぎに、寝ているのも飽きたのか起きてきました。

起きてすぐ
「外へ行く」
とアピールです。

ちょうど雨が止んでいるので、お散歩に出かけました。

寒いかな?と思ったら蒸し暑く、またもやヤブ蚊がいっぱい。(涙)
親指の付け根を差されました。
でも刺されてもあまり痒くありませんでした。
毒も弱まっているんでしょうか。

主人の手にも1匹とまったので、すばやく手で払います。


ぐるっと近所を回って、いつもの八百屋さんへ行こうと思いました。
途中の交差点で
「お父さん、右行く?まっすぐ?」
と聞きました。
散歩の時は、よくこうやって道を選んでもらいます。
主人はまっすぐを選択しました。

まっすぐ行くと、ファミレスがあります。
以前、何度か休日のランチやケーキを食べに行ったお店です。

嫌な予感を飲み込んで、足早にお店の前を過ぎ去りました。

『戻って』
……うっ。やっぱり。

「お店、入るの?」
「うん」
「……そっか~~」

しまった~~~!!!
せっかく順調なのに、ここで誤嚥させて肺炎になったりしたら…。
それだけは避けなきゃいけないのに!!

でも、断固入店する気でいる主人の意志は尊重してあげたい。
うまいぐあいに満員だったら良かったんですが、空席がありました。

メニューを開いて、バニラアイスぐらいなら食べられるかと思っていたら、
『オレに見せろ』
とアピール。

うううう。
まずい…。


主人はためらわずデザートのところを開くと、
『これ』
ティラミスを指さしました。

で~~ん。
ティラミス

うううっ。

うーん、でも柔らかいから何とかいけるか…?

「すいません、ティラミスは切らしております」
店員さんの言葉を期待していましたが、
それほど待たずにティラミスがやってきました。

えーい、もうこうなったら一か八かだ!

一口味見します。
濃厚なチーズのお味…。
おいしいです。
いや、それはおいといて。
若干固くて飲み込みにくい感はありますが、口の中でばらける心配はなさそう。
逆に食塊が作りやすいので誤嚥は少ないかもしれません。
むしろ、水分不足でのどに詰まる方が危険かな。

主人は平然と私の手からスプーンを奪い、
おいしそうに食べ始めました。


仏の顔も三度までと言いますが、ありとあらゆる神様どうかどうか、今度も主人をお守り下さい…。


白玉黒ごまソフトを食べながら祈ります。

ぱくぱくぱく。
完食です。

去年の春、やはりおいしそうに白玉あんみつを食べていた主人を思い出します。
「久しぶりに来たね、ここ」
「うん」

「あっ、痒い。さっき蚊に刺されたんだよね。お父さんは大丈夫だった?」
刺された指をお冷やのコップにつけて冷やします。

主人はうなずいて
「ぷ~~んって来て、ぽっと、止まって、あら、そしたら」
手で払いのける仕草をして、私を指さします。
「そうね、早業だったでしょ?」
主人は笑いました。

おいしいものを食べると、言葉もなめらかに出てくるのかしら。
こんなに長いセンテンスが出てくるとは思わなかったです。

あ、でも午前中訪看さんが
「今日、外は雨なんですよ」
なんてお話していたら
「そとは、雨か」
と返事をしていたので、調子が良いんでしょうね。

お店を出てから何度か痰が出ましたが、誤嚥した様子はありません。
翌朝白いきれいな痰が出て、ちょっと安心(炎症を起こすと黄色~緑色のねばっこい痰になります)
息苦しくもないようです。
熱もなし。

飲み込む力は確実に強くなってきたんだと思います。
これで嚥下反射さえ間に合えば、普通に食べられるんですけどね。


しかし…やっぱり恐ろしいわ…。
今回は、神様がご褒美をくれたと思って、絶対に過信しちゃいけないですね。
いつ肺炎になるか分からないんですもの。
いったい何度神様に祈って感謝しなくちゃいけないんでしょうね。
申し訳ない気持ちになってきました。(涙)


でも、おいしそうに自分で食べている主人をもう一度見られたのは
本当に嬉しかったです。

神様ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

  • 2011/10/23 (Sun) 14:56
    かに座 #5M9x2NWk - URL

    いいですね
    おいしそうに食べてくださるの見るのは
    幸せですね

    夫も早くそうなってほしい

  • 2011/10/23 (Sun) 23:21
    しのん #qbIq4rIg - URL

    はじめまして。
    mikomonaさんの、泣き笑いを毎日楽しみにしている「しのん」です。
    楽しみなんて不謹慎な言い方ですが、ご主人のために考えて、ご主人のために懸命なmikomonaさんの泣き笑いはとても心に響きます。

    私の主人は、現在入院中です。
    車で2時間ほどの病院ですので通うのが大変なのですが、
    どうしても主人の顔が見たくて、毎日、仕事の都合をつけながら通っています。
    周囲から「完全看護でしょ」と私の身体を心配して、通う頻度を抑えるように言われるのですが・・・。
    「あなたは甘い」って言われます。でもどうしても甘くなりますよね、大好きな人ですから。

    危険と思いつつも、ご主人の喜ぶ表情が忘れられないから、ついつい神様に頼み込んで、ティラミスを許してしまうあなたの心情が痛いほど伝わります。
    心労が絶えないでしょうが、ティラミスが食べられたご主人はうれしかったでしょうね。
    うれしい顔を見られて、良かったですね。

  • 2011/10/25 (Tue) 00:34
    mikomona #- - URL
    かに座さん、こんばんは。

    幸せですが、ハラハラドキドキでした。

    思ったよりスムーズに食べられてほっとしました。
    でも軽く散歩に出たつもりで、ファミレスに寄るなんて考えてもいなかったので、
    二人ともほとんど部屋着で入店してしまい…恥ずかしかったです。

    ご主人も、言葉がよく出ているようですね。
    会話がはずむのは本当に楽しいですもの。
    奥様の口腔ケアの効果でしょうか?

    しかし、嚥下障害と一口に言っても奥が深いんだな~と改めて思いました。
    一人一人の状態に合わせた嚥下リハが必要なんですね。
    まさかティラミスが食べられるとは…。
    とろみがついた柔らかいものとしか考えていませんでした。


    ご主人の嚥下リハはもう始まっておられるのでしょうか?
    経口摂取が少しでも進むこと、お祈りしています。

  • 2011/10/25 (Tue) 23:07
    mikomona #- - URL
    しのんさん、はじめまして。

    コメントありがとうございます。

    返信が遅くなってすいません。
    なかなか文章がまとまらなくて…。

    ご主人の容態はいかがですか。
    早くよくなって退院できると良いですね。
    毎日のお見舞いも、車で2時間は本当に大変とお察しします。
    電車とバスで片道1時間半のお見舞いを3ヶ月続けましたが、今でも夢に見るぐらいしんどかったです…。

    でも、1日でも顔を見ないと心配なんですよね~。
    しのんさんのお気持ち、すごく分かりますよ。

    ティラミス事件は『事件』にならず済みましたが、
    一歩間違えば入院になるところでした。
    終わりよければは許されない話。
    神様にひたすら平謝り…です。

    お忙しいと思いますが、時間がある時にまた遊びに来てください。
    どうぞ無理しすぎないよう、ご自愛下さいね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する