液体のふしぎ その2

最近寝不足がさらにひどい私です。

加うるに夕方低血糖気味で、寒気とめまいを我慢して家に帰ります。



ようやく家に戻って、とりあえずチョコレートでもつまもうかな~
と思いきや…。
CA3A0704.jpg

私のベッドに猫のゲロが…。

あああああ…。


気を取り直してシーツを取り替えた後、
眠っている主人のオムツをチェックします。


CA3A0705.jpg

ありゃ、横漏れしてるよ~~。


左の太ももがしっかり濡れていますが、これはどうも車いすに座っていた時に
ヨダレが落ちたシミのようです。
そして左の腰からお尻にかけてしっとりと広範囲に濡れています。
シーツもダメです。

↓ズボンの前から横~お尻まで全体的に濡れてる
CA3A0706.jpg


今度は主人が寝ているベッドのシーツを取替え。

そしてリハビリパンツを交換しようと脱がせてみたのですが、

リハパンは濡れてない!!

CA3A0707.jpg

しかも、あて方はずれてないんです。
尿取りパッドの濡れ方を見ても、横漏れしたような形跡がない。


どこから漏れたんだ…。

時々こういうふうに、リハパンや尿取りパッドは全く濡れて折らず、
しかもしっかり当たっているのに横漏れすることがあります。
謎です。


今日の教訓:『漏れる時は何をやっても漏れる』


あー、大量の洗濯物が出てしまいました。ビートウォッシュちゃんよろしくね。

CA3A0708.jpg

もう空腹で…ギブアップ…できるはずもなく、
バナナを1本かじって経管栄養の準備。
それが終わったあと、ようやく夕食です。


今夜は主人の痰がらみが激しいわ、もも猫の『外へ出せ』アピールがうるさいわで
ちょっとキレてしまいました。

反省だ…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する