主人が夢の中に出張ってきました

最近ようやく下痢との闘いも落ち着き、調子が良くて喜んでいたのですが、
昨日は朝からヘルパーさんに介護拒否があり、夕方も同じヘルパーさんに徹底抗戦の構えを見せました。

夕方帰ってみると、外用の車いすのまま、
ヘルパーさんが何とか上着を脱いで寝てもらおうと左の肩だけずり下げたダウンジャケットを着たまま、
目の下には黒いクマができ、
怒りで口をへの字に結んだ主人がベッド脇にいました。

あーあ。

「デイサービスから帰ってきて、玄関に着いた時にはもう眠ってしまわれて…」
とヘルパーさんが困ったように説明してくれましたが、
多分、それはボイコットの意思表示だと思います。

何とか説得してベッドへ行ってから30分後に入眠。

いつもは2~3時間後に目を覚ますはずが、
いつまでたっても起きません。

……あれ。


JCSスケールでいうと、いつもの主人が一桁(1-10:意識ははっきりしているが、今ひとつ清明ではない)だとすると、
今日は二桁(2-20:大声で呼びかけたり、強く揺するなどで開眼する)
という感じです。

あれれれ…。


先週のMRIで異常がなかったのに、たった一週間でそれほど状態が悪化するとは考えにくいし…。

去年、同じように眠り込んでしまった時がありましたが…。
どうしよう。
とにかく一晩様子を見てみることにしました。

そして深夜、私は夢を見ました。
一晩ぐっすり眠った主人は、驚くことに身体の麻痺も失語もすっかり治って、にこにこ笑っています。
「どうしたの?治ったんだね!」
「もうすっかり治ったよ」
「ほんと?良かったね!良かったね!」

嬉しくなって、二人でお出かけしました。

いっぱい笑って、いっぱい話して、
ああ良かった、これからはずっと元のような生活ができるんだ、
これまでのことは全部悪い夢だったんだ。
と思って喜んで起きてみたら、
朝5時。


やっぱり夢でした。


あーややこしい。


そしてお小水チェックをしたら、またもやパッドがはずれてシーツまでぐっしょり。
まだ夢の中にいる主人をまたもやゴロゴロ転がして、更衣とシーツ交換をしました。
疲れた…。

主人は7時半頃ようやく目を覚まして、いつも通りにデイサービスへ出かけていきました。
12時間寝てすっきりしたみたいです。
うーん…。
大丈夫かしら。

それにしても、嬉しい夢だったなぁ…。
スポンサーサイト

Comment

  • 2011/12/01 (Thu) 22:14
    あんぱん父さん #- - URL

    多分ご主人も同じ夢みてたと思いますよ、夫婦ですものね。
    笑ったり、怒ったりそれもまた幸せの形ですね。

  • 2011/12/02 (Fri) 08:46
    かに座 #5M9x2NWk - URL

    良かったですね
    夢の間でもお元気なご主人と過ごされて。

  • 2011/12/03 (Sat) 22:18
    mikomona #- - URL
    あんぱん父さん、こんばんは。

    あんぱん父さんも奥様と夢でお話されたんですね。
    でも、なんだか普通の夢じゃないみたいです。
    本当に奥様とお話されてるんですね、きっと。
    なんて強い夫婦の絆でしょうか…。とても素敵です。


    うちは発症前、私は滅多に主人の夢を見ないし、主人はしょっちゅう私の夢を見てたそうです。
    夫婦あべこべ状態でした…。
    「なんで俺の夢を見ないんだ」って怒られましたもん(笑)
    そう言われてもねぇ。

    ところで昨日は、なる猫が夢にうなされて鳴いてました。
    「どうした?」って声をかけたら目を覚まして
    「にゃ~」ですって。
    猫もしっかり夢を見るんですね。

  • 2011/12/03 (Sat) 23:06
    mikomona #- - URL
    かに座さん、こんばんは。

    なかなか夢を見ないので、次にいつ会えるか分かりませんが、
    元気な主人と過ごした時間はまさしく夢のようでした。

    元気な頃の主人も今の主人も、同じ夫に変わりない
    生きてくれるだけで十分だと思っているんですけどね…。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する