みんなでオレをバカにしている

ある朝、何かの拍子にへそを曲げた主人が吐き出した言葉です。

「みんなでオレをバカにしている。オレはちゃんと分かってる」

「そんなことないわよ、誰もお父さんのことをバカにしてませんよ」
と言いつつも、主人の気持ちを思いやるより先に
(まあお父さん、すごい!はっきり言えたわね)
と考えてしまう私です。


この考えがダメなんだよな…。


「バカ!」「やだよ!」「ほっといてくれよ!」
と精一杯自分の不満や苦しみを訴えても
「ヘルパーさんにバカなんて言っちゃダメよ」
とか
「おお!今朝は大きな声が出るね!結構結構!」
とか
まあ、見当違いな返事が返ってくるんですものね。


でも決してバカにしてる訳じゃないんですよ。


主人の失語症は、『話す、聞く、読む、書く』の言語コミュニケーションのほとんどを失った頃と比べれば
相当回復しています。
日常会話はほぼ理解できますし、最近はテレビのテロップの一部をノートに書き写す事もできるんですよ。
(単語の最初の1~2文字が限度ですけどね)


回復自体は素晴らしいことですが、良い面ばかりではありません。
私がヘルパーさんや往診のU先生に話す内容も分かっています。

「今日は立派なお通じが出たんですよ」
「昨日またヘルパーさんに暴言をはいたんです。困ったものです」
だの
私たちにとっては必要な連絡事項であっても、
目の前で頭ごなしに自分の話をされたら、不愉快に思うのも当然です。


失語症は回復傾向でも、生活の全てに介助が必要な状態は変わりません。
難しいなぁ。


あら、ふと気がついたら、来月で退院して1年になるんですね。


はやっ!!!!

どんなお祝いをしようかな。考えるだけでも楽しいですね。
スポンサーサイト

Comment

  • 2012/03/03 (Sat) 21:27
    おやぢパパ #- - URL

    退院1周年、おめでとうございます!
    そして、日々ご苦労様です。

    ご主人様の分と併せて、ご自身の労いにもお祝いしてくださいね♪

    わたしも、娘の闘病中は言葉に気を遣ったものでした。
    言葉の意味がわかっているだけに、本人を前にしての言葉のやり取りは大変です(汗)

    でもやっぱり、回復していくのは嬉しいものですね♪

  • 2012/03/05 (Mon) 00:26
    mikomona #- - URL
    おやぢパパさん、いつもありがとうございます。

    先日は温かいコメント頂き、ありがとうございました。
    長いことお返事できなくてすいませんでした。

    そうなんです、もうすぐ1年ですよ。
    あっという間ですね。

    意識状態が良くなっていくのを見るのは本当に嬉しいです。
    この病気、悪くなるのは早いですが、回復はゆっくりですからね。

    以前は寝てばかりいたので気を遣うことも少なかったんですが
    今は会話にも、PCの画面にも気を遣います。
    スマホで介護記録を付けているんですが、
    「何やってんだ??」とのぞき込んできますからね。

    1周年のお祝いは、やっぱり温泉かな~?

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する