足こぎ車いす

このところ、テレビなどでよく取り上げられている『足こぎ車いす』ご存じですか?
↓お借りしてきた画像ですが
asikogi.jpg

何と片麻痺でも、両下肢の麻痺でも、
『自分の意思で行きたい方へ』『自分の力で』わずかな力で移動できるんです。
これがどれほど素晴らしいことか、
車いすを使用されている方、介護されているご家族ならよく分かると思います。
主人がこれを乗りこなせたら、どんなに楽しいことでしょう。


今日のNHK『サキドリ』では実際に患者さんが
リハビリの一環として日常生活の中で使用している映像が流れてました。
活き活きした表情、そして異口同音に『楽しい』『降りたくない』とおっしゃってましたね。

一緒に見ていた弟は
「へ~、楽しいんだ」
と、意外な一言。

あれっ。
うーん、分からないかしら?
私は映像見ただけで涙がボロボロ出るぐらい(笑)すんっごいことなんだけどね~。
うーむ。
バリアフリーの壁は想像以上に分厚いの…かな?



しかし残念なことに主人にとっては
『自分の力で』は何とかなっても
『自分の意思で行きたい方へ』は夢のまた夢です。

高次脳機能障害が邪魔をします。

半側空間無視(麻痺の左側を意識しづらい)、注意障害がある限り
恐ろしくて『自分の意思で』移動させる事はできません。
まず、まっすぐ進むことが難しいからです。

体育館のような広い平らな場所なら大丈夫かもしれませんけどね。
(ヘルメット装着、介助人が横を併走してですが)


それでも、いつか『自分の意思で』『自分の力で』
どこまでも移動できるようになったら…。

二人で並んで公園を散歩したり、スーパーに買い物に行けたり…。
思わず妄想してしまいます。
車いすを押して歩くと、お互いの顔が見えないんですもの。
意外につまんないんですよね~。

ためいき。


※あ、でもこの車いす、公道の走行は難しいのかな?と思います。
普通の道って微妙に傾斜がついてますし、でこぼこ、段差、障害物がいっぱいですからね。
リハビリ専用って割り切って使うものかもしれません。
それでも、すごいです。
スポンサーサイト

Comment

  • 2012/03/19 (Mon) 22:40
    まっち #- - URL

    TV見そびれました。
    我が家も、この夢のような車椅子とはご縁がなさそうです。

    主人の場合、まず『自分の力で』が無理ですもの。
    簡単に諦めたくはないけれど、現実を受け入れなければならないことも理解しているので
    必要以上に希望を持つことはしません。

    もう、並んで歩くことはできないけれど
    車椅子で一緒に桜を見に行きたいです。

  • 2012/03/20 (Tue) 22:54
    mikomona #- - URL
    まっち さん、こんばんは。

    もうすぐお花見の季節ですね。
    去年、一昨年と病院の近くでのお花見でしたが
    今年は地元の桜が見られるかしら?

    あてのない希望を持ち続けることは本当につらいです。
    でも希望のない人生はもっとつらい。
    どうやって現実との折り合いをつけていくのか…。
    介護に限らず、生きるって難しいですね。

  • 2013/10/15 (Tue) 10:40
    山口 #- - URL
    まあ

    がんばりなはれ

  • 2013/10/20 (Sun) 16:01
    mikomona #- - URL
    山口さん、はじめまして。

    コメントありがとうございます。
    足こぎ車いす…すっかり忘れていました(汗)

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する