♪お久しぶりね♪

突然の歩行介助で全身筋肉痛な私。
img054.jpg

ううっ、いたた…。


ここしばらく雨続きで弟が来れないので、二人の夕食が続いています。
つまりずっと私が調理当番。

あぁもうネタが…つきたぁ!

という訳でもないんですが、今日はカレーを作りました。
13355312260580.jpg


主人は元々辛いカレーが苦手でした。
<我が家のカレー>はずっと『ハウスジャワカレー辛口』でしたが、結婚後は『ハウスバーモントカレー甘口』になりました。
そして脳腫瘍の発症後は抗がん剤の影響で味覚障害が出てしまい辛いもの苦いものが全然食べられなくなり、
その後嚥下障害で食べることが自体が難しくなり…。

本当に久しぶりのカレーです。
これは万一誤嚥して肺に入ったら肺炎必発の食品です。
なので、特に誤嚥しずらい形態に調理します。

材料は、たまねぎ、人参、舞茸、豚肉の薄切り。
他に、トマトピューレがあったので少し入れました。
酸味は強すぎるとむせを誘発しますが、適度な酸味は唾液の分泌をうながします。
じゃがいもはわざと抜きました。
これは血糖値対策のためもありますが、煮すぎて溶けたじゃがいもはかえって喉に残りやすくなると思うので。
そうそう、お肉は今流行の塩麹につけてあります。
お肉はどれだけ柔らかく煮ても繊維が残る場合がありますが、
塩麹につけるとプリプリした食感になり、多少歯ごたえがあっても食べやすいみたいです。

材料はバターで炒めてコクを出し、圧力鍋にかけてすべての食材を舌でつぶせるぐらい柔らかくします。
ルーは少なめにし、隠し味はソースとみりん。
甘みとコクをプラスします。
少し水気が多いぐらいの濃度にして、最後に水溶き片栗粉でしっかりまとめます。

普通のカレーと違い、とろんとした喉越しになります。
このとろみがご飯を包み、口の中で調度良い食塊になる…といいなぁ。

付け合せは、春を感じる筍の土佐煮(お惣菜)と、春キャベツを茹でてマヨネーズであえた簡単サラダ。
筍は柔らかい先の方だけを一口大に切り、キャベツは千切りにしてあります。


ではでは…。

いっただっきま~~す!

img055.jpg

img056.jpg

2~3口食べて、なんか深刻な顔でため息をつくので、
「どど、どうしたの??」
「……」
「喉につまった??」
「……」

img055.jpg

img056.jpg


「お、おいしい?」
「……うん!」

あー、良かった!

久しぶり過ぎて、五臓六腑に染み渡っていたそうです(笑)

一度軽くむせましたが、付け合わせも含め順調に食べられました。
良かったね!
辛さもちょうどよかったみたい。


久々といえば私も今夜は、ハメを外しました。
img057.jpg
主人を監視しながら冷たい缶ビールをぐびぐびごくごく♪
img058.jpg


…な訳ないですね。
当たり前ですが、アルコール抜き。
キリンフリーでございます。

たまにはビールを飲んだ気になって(全然酔いませんけど)
かすかな雨音を聞きながら、幸せな金曜の夜です。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する