約束を果たしに ~車いすで箱根温泉旅行に挑戦~ #7

家から池袋まではほぼ順調に来ましたが、
最初の関門が待っていました。
JR池袋駅の地下改札まで、直線距離にして50mもないのですが
階段が行く手を阻んでいます。

あと30分もすれば駅のデパートが開くので、エレベーターが使えるのですが…。

しまった、私鉄のホームのエレベーターで降りておけばよかったかな。
駅員さんの案内に促され、そのまま地上に出てきちゃいました。
あーでも、地下は迷路みたいになってるからエレベーターを探して迷子になるかもしれないし、
とにかくJRの地上出入り口まで行ってみよう。

久しぶりに見る池袋駅前は随分変わっているに違いありません。
主人はきょろきょろしています。
「どう、何年ぶりだろうね?だいぶ変わったでしょ?」
声をかけながら歩いて数分、JRの乗降口へ着きました。
tbd401_01.jpg
後で調べたら写真の右はじに母子像があるそうです。
当時は全く気づきませんでした。

入ってみるとやはり奥は階段。エレベーターはデパートの扉の中です。
どうしよう…。

明らかにリサーチ不足というか
m_ikebukuro.gif

この図を見ても全然さっぱり何がなんだか分からなかったというか…。
いえ、大きな駅だからどうにかなるだろうという甘い考えだったんですね。
困ったなぁ…。


ふと、階段の手すりに障害者マーク
KIMG0529.jpg
があるのに気づきました。

そして何やらインターホンみたいなのがついてます。
すごく汚れているので押す勇気はありませんが、周囲を見回すと『駅事務室』という看板。

ここで相談してみたらいいのかな?

「ちょっと待ってて」
弟と主人に声をかけ、看板の横の、目立たないドアを開けてみました。
暗い廊下の途中に『駅長室』と看板が下がっています。
いや、駅長さんに用はないんだけど…。
廊下を行きつ戻りつして、やっぱりここしかないかと駅長室のドアを恐る恐る開けてみると
カウンターと呼び出しベルが見えました。
あ、ここでいいのかも。
ベルを鳴らすとすぐ駅員さんが出てきました。
「すいません、車いすで新宿駅まで行きたいんですが」
「あぁそうですか。えーと今の時間だと…。そうか、デパートのエレベーターが使えないんですね。
 ちょっと待って下さいね」
奥で何やら打ち合わせ…。
「一度駅を出て、横断歩道を渡ったところのビルに入ってぐるっと回ってくるか、
 階段にリフトをつけることもできるんですが、それだと時間がかかっちゃうんですよ。
 回って来られた方が時間的には早いんですよ」
明らかにリフトを出すのが面倒な感じです。
しかし、こちらも歩数は少ないほうがいい!に決まってます。
幸い、急行でかせいだ分時間の余裕はあります。
「お手数ですが、リフトで降りたいです」
「…分かりました。外でお待ち下さい」
「ありがとうございます」

待つこと数分。
さきほどの駅員さんが出てこられ、階段を降りていきます。
………。
………。
………。
「まだかな」
主人が落ち着かなくなってきました。
「ちょっと見てくるね」

階段のそばまで行くと、何やらごつい物体をガラガラ運んでくる駅員さんが見えました。

なるほど、取り外しができるリフトなんだ!
普段はどこかにしまっておき、必要な時だけ手すり部分に取り付けるんですね。
escal.jpg
これ『エスカル』という商品です。
初めて見ました。

5分ほどかかってエスカルがレールに取り付けられ、
畳まれた状態のままゆっくりゆっくり上に上がって来ました。
駅員さん1人で設置、誘導するシステムのようです。
「お待たせしました」
エスカルを倒してさらに組み立てると、
何といいますか、結婚式のゴンドラみたいなものが現れました。
こ、これに乗るのか…。
ちなみに一人乗りです。

ご想像通り、かなり目立ちます。
しかもこれは結構危険な乗り物だということがすぐに分かりました。

いえ主人は全然大丈夫なんですが、
当然のことながら使用中は手すりを塞いでしまいます。
で、手すりを使う方というのは身体が弱い方だったり、高齢者の方が多いのです。
大半が手すりを掴み、ご自分の足元を見ながら上がってくるので、
上から降りてくるエスカルに全く気づかないんです。
気配に気づいた時には、頭上から訳の分からない物体が降ってくるような感じです。
こんなに目立つのに!
動かす時はチャイムでも鳴らせばいいのに…って余計目立って恥ずかしいな。
KIMG0531.jpg
階段の下から見るとこんな感じ。
※当時は写真を撮るどころじゃなかったので、後日一人で撮りました。


駅員さんと私と弟で、次々に手すりを使って上ってくる方に声をかけ、
どいてもらわなくてはいけませんでした。

やれやれ、ようやく階段を降りることができました。
遠回りしたほうが安全だったかも…。

「あのスロープを降りれば改札ですよね」
私は目の前のスロープを指さして、駅員さんに聞きました。
「あ、いえ、そうするとホームへ上がるエレベーターに乗れませんので、
 まずこの通路を左へ行かれて、次の角を右に曲がり、まっすぐいくと『中央改札1』というのがあります。
 そこにいる駅員に声をかけてください」
「左に行って、右に曲がって『中央改札1』ですね」
「そうです」
「ありがとうございます」

というわけで、ようやく地下改札へたどり着いたのでした。

あーこれ、絶対最初から私鉄の地下ホームに降りた方が早かったわ…。
教えてくれよ~~。

ともあれ最大の難所は乗り越えた気がします。
かかった時間は約25分。
ちなみに後日、私が1人で歩いて移動した場合は4分ほどでした。

おまけ:ここ(階段のすぐ裏)にエスカルがしまってあるようです。
KIMG0532.jpg
年に何回使うんだろうなぁ…。


<続く>
スポンサーサイト
Theme: 温泉♪ - Genre: 旅行

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

2012/06/01 (Fri) 01:08

家から池袋まではほぼ順調に来ましたが、最初の関門が待っていました。JR池袋駅の地下改札まで、直線距離にして50mもないのですが階段が行く手を阻んでいます。あと30分もすれば駅の

まとめwoネタ速neo - http://polly-wood.info/matome/k/kizi/1919879/?guid=on