足が動きました!

先程、夜の経管栄養が終わり、ベッドから車いすへ移乗した時のこと。

(昨日は立ち上がるのが難しかったのですが、
 今朝はだいぶしっかり立てるようになってきて喜んでいました)



まだちょっと、立ち上がるのはきつそう。
私がしっかり両手でズボンを持って支えます。
右手で手すりをつかみ、身体を90度回転させて車いすに座ります。
右足が軸なので左足を大きく動かさなくてはいけません。


動かす時に、私はよく左膝の裏をトントン、軽く叩きます。
これで左足がすっと出るのです。
今日も同じように叩きました。動くとは思ってませんでした。

「……!!!」


「お父さん、動いた!すごい!」

かな~り苦労してですが、左足が自力で動きました。

脳梗塞で麻痺しているのに、です。


主人には何度も何度も驚かされてきましたが、
これにはただただ、ビックリです。


「うーん、うーん」とうなりながら必死に立位を保持しようとしています。




まぁ…。




さきほどU先生が往診に来て下さって、
「もう肺炎は治りましたね。
 あのまま入院していたら、まだ寝かせきりだったと思いますよ。
 まるで表情が違います。やっぱり在宅ならではですね」
と言ってくれました。


その時は、「そんなものかなぁ~」と考えていましたが、


本当にそうかも!!


確かに家にいれば、きめ細かい対応が可能です。
顔色を見て元気そうなら車いすへ移乗、疲れたらベッドへと何度でも介助できます。

入院していればほぼ間違いなく点滴と酸素マスクだったでしょうが、
今回の肺炎は誤嚥が原因なので(胃からの逆流ではない)胃ろうからしっかり栄養や水分を入れる事ができ、
酸素カニューラも
「嫌がるなら無理に着けなくていいですよ(寝ている時につけてね)」
という柔軟な管理でOKでした。


結果離床が早まり、肺炎の悪化から6日目の夜、主人はいつものように居間でテレビを見ています。



腹を立てて強引に退院してきた訳ですが、
結果オーライだったかもしれません。

ああ…。
良かった!

今夜はぐっすり眠れそうです…。



心配頂いたみなさま、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Comment

  • 2012/06/21 (Thu) 23:54
    Tomy #NqNw5XB. - URL
    良かったです!

    ご苦労様です。
    入退院から肺炎も沈静化し、足も動いたそうで良かったです^^ご自愛くださいね。応援しています。

  • 2012/06/22 (Fri) 00:00
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/06/22 (Fri) 06:41
    まっち #- - URL

    在宅ならでは、の良さが回復力を早めているのかも。。

    私は、なかなかきめ細やかな対応ができなくて・・
    トランスが私一人の力じゃ無理なので
    お散歩も思い立った時にフラっと・・と言うわけにいかなくてね。

    きっと、施設の方がいろいろやってもらえて
    主人は嬉しいんじゃないかしら・・。(´ε`;)

    ともかく、一歩前進ですね。
    誤嚥ってコワイですね。
    我が家でも目下一番の心配の種です (ToT)

  • 2012/06/22 (Fri) 08:12
    かに座 #5M9x2NWk - URL

    本当に良かったですね

    病院にいるより自宅のほうがきっと患者には
    ベストなんだと私も確信しました
    夫も無理矢理大尉インから1か月半膀胱炎
    も問題なく過ごせています
    ただ介護する方はだんだんすること気を付けることが増え大変です
    どうぞmikomonaさんもお大事に

  • 2012/06/22 (Fri) 10:21
    poco #JnoDGgPo - URL

    ホッとしました、よかったよかった。
    mikomonaさんの「絶対治して見せる!」と言う気合が勝ちましたね
    心身ともにお疲れでしょう
    昨夜はゆっくりお休みになれましたか?

  • 2012/06/23 (Sat) 17:09
    mikomona #- - URL
    まっちさん、こんにちは。

    体格差があると、体位交換だけでも重労働ですよね。

    うちは、私が力持ちで本当に良かったと思います。
    私と主人の立場が逆だったら、無理だったかもしれません(主人は腰痛持ちなので)

    ところで、こちらのサイトはご存知ですか?

    「「力」 「道具」 人数」 に頼らない介助技術」
    http://kaigokaigo.blog.ocn.ne.jp/blog/

    動画集
    http://www.youtube.com/user/fdqht/videos

    なかなか参考になります。
    このとおりできなくても、頭とお尻のやじろべえを意識するだけでも
    ぐんと身体介護が楽になりますよ。


    はい、誤嚥は怖いです。
    本当にひどい目にあいました…。
    ただ元々の肺炎は誤嚥からですが、悪化したのは病院の口腔ケアがずさんだったからと思ってますけど。

    ご主人も口腔ケアを怠らず、楽しんで食べて体力キープできれば
    重篤な肺炎まで至らないで済む可能性が高いので
    しっかり歯磨きしましょうね♪

  • 2012/06/23 (Sat) 17:19
    mikomona #- - URL
    かに座、こんにちは。

    治療のためやむを得ないとはいえ、入院生活はとても人間らしいとはいえません。
    この間、テレビでホテルみたいな素敵な病院を紹介していましたが、
    あんな所に入院できる人はほんの一握りですものね。

    特に自分で意思表示できない患者さんにとって、病院は冷たい場所です。
    うちはN病院の医師から思い切り見下された言い方をされてブチ切れてしまいました。

    でも在宅医療が進んでいるので、決して道が閉ざされているわけではありません。
    何にしても自宅というのは良いものですよね。

  • 2012/06/23 (Sat) 17:54
    mikomona #- - URL
    pocoさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。
    ご心配おかけしました。

    お陰様で、今日は訪問入浴でリラックス、午後はお散歩、リハビリに取り組んで
    元気に過ごしました。
    あくまで結果オーライですが、あのN病院の失礼な対応のお陰で早く治ったかもしれません。
    せいぜい塩でも送っときますか!(笑)

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

2012/06/23 (Sat) 04:49

先程、夜の経管栄養が終わり、ベッドから車いすへ移乗した時のこと。(昨日は立ち上がるのが難しかったのですが、 今朝はだいぶしっかり立てるようになってきて喜んでいました)ま...

まとめwoネタ速neo - http://polly-wood.info/matome/k/kizi/2898460/?guid=on