歩行訓練再開、11月は予定が盛りだくさん

ようやく暑さが一段落して(まだ10月にしては暑いですが)
車いすのお出かけが楽な季節になりました。

よし!さっそく予定を入れよう!
今まで躊躇していたところへも、思い切って行ってみよう!
…もしかしたら、来年はないかもしれないからね。

という気持ちもない訳じゃないですが、
去年は夏から秋にかけてお通じが安定しなくて長時間の外出がはばかられる感じだったんですよね。
※夏までは便秘、9~10月はゴロピカドンの下痢続き
思い出すとしんどかったなぁ…。

今は自力排便は難しいですが、定期的に良いお通じが出ています。

このチャンスを逃してはいけません。


と、調子に乗って思いつくままに入れてみたら…といっても3つですけど
全部11月に固まってしまいました。
けっこうハードスケジュールなんじゃないのこれ(汗)


ま、どれもこれもあくまで予定ですし、実現すれば楽しいですもんね♪
為せば成る、どーにかなるさ、なるもんだ



さて、今日は訪問PT(理学療法)がありました。


夏にPTさんが変わり、一時は拒否と傾眠が続いてリハビリ自体危ぶまれたのですが、
ボールを使ったリハビリを導入したところ眼の色が変わり、
今では毎週眠気に襲われつつも、頑張ってくれてます。
先週は握力を測定してもらいました。

12kg。

うーむ。
主人の年齢の平均が42.2kgですから、1/3以下です。

それでもまだ2年前は、20kgあったんだけどなぁ。

でもPTさんいわく、10kg以上あればそんなに心配要らないとのこと。
本当かしら…。
まあ立ち上がりや移乗の時にしっかり手すりを握れているので、そういう意味なんでしょうが。

で、私とPTさんとの間ではリハビリの目標があります。
もう一度歩く事。
PTさんは、家の中で数歩歩ければよし、というか歩けるだけの筋力がつくと良いですねという意見。
私は…。
そりゃもう、どこまででも歩けるようになって欲しい!(こらっ!)

今日は覚醒レベルもまあまあ良かったので、PTさんの主導で2mほど歩いてみました。
6月に脳梗塞を発症して以来の歩行です。

かなーり危なかっしい歩みでしたが、何とか歩けました。

やった~~♪


「久しぶりの歩行でこれだけ歩けるとは思いませんでした」
PTさんも嬉しそうです。


良かったぁ。
脳梗塞だと診断された時は目の前が真っ暗になりましたが、
生命が助かったばかりか、思ったより身体機能を落とさずに済んだようです。
これもPTさん、デイサービスのスタッフさんのおかげ。
私も及ばずながら朝のストレッチと簡単な体操、立位訓練を繰り返してきた甲斐がありました。

チョー不機嫌ながら立位保持頑張ってます。
KIMG080001.jpg
(まだ座れないのか~~)

ふふふ…。
甘い甘い、これからは毎週一歩でも歩いてもらうわよ、お父さん♪


鬼嫁の野望は終わらないのです。




スポンサーサイト

Comment

  • 2012/10/06 (Sat) 18:33
    まっち #- - URL

    これぞ「愛のムチ」ですよね。
    旦那さまを想えばこその「鬼嫁ぶり」ってもんです。

    家の旦那と違って、mikomonaさんのご主人は体幹がしっかりしてますよね。
    姿勢が違いますもん。

    我が家の場合、立つこともそうですが まずは座位がキープできるようになって欲しいところです。
    いつも背もたれ任せじゃ困ります。

  • 2012/10/06 (Sat) 19:53
    スケッチがお上手

    こんばんは~
    ブログへのコメントありがとございます。
    言葉のスケッチ(情景描写)がとてもお上手ですね。
    鬼嫁ぶりも(笑い)ハハハハ
    きっとその効果は実現できるはずです。
    やればやっただけのことはあります。
    この爺もあきらめずにやっています。
    諦めたら試合放棄と同じですからね~
    ボチボチ頑張りましょう。

  • 2012/10/08 (Mon) 02:10
    みのねこ #- - URL

    mikomonaさまへ
    ご主人様、新しいPTの方との歩行訓練、順調にスタートされて良かったですね。
    再来月にMRIですか…ホンッとに緊張ですよね。
    「一週間後」とかならまだしも、
    二ヶ月間も緊張を抱え続けるって…なんとも…。
    それから、ご主人様の正面顔写真!アップ初めて拝見しました!
    も、すっごい迫力です!
    少ーし悪いくらいが男性は魅力的ではありますが、すごい迫力です!!
    また伺います。

  • 2012/10/09 (Tue) 16:02
    西の魔女ちゃん #mQop/nM. - URL
    本当にお二人は頑張っています

    先日は色々と調べてくださってありがとうございます

    歩行訓練の鬼嫁素敵な事です
    一歩でも二歩でも自力で歩けるようになれば~
    ならしてあげたい~
    すべて愛情無くしてできるものではありません
    互いに相手を必要としながら支えあっていけるんですよね夫婦は

    野望応援します(^_-)

  • 2012/10/10 (Wed) 05:34
    mikomona #- - URL
    まっちさん、コメントありがとうございます

    そうですね、座位が保てるようになるとぐっと介助が楽になるんですよね(ここ大事)

    主人も治療が終わってリハビリ開始直後は軟体動物みたいでしたよ。

    W医療センターは脊損の患者さんが多いせいか、体幹のリハビリにすごく時間をかけてくれました。
    施設によってリハビリの上手い下手ってあるなぁと思いましたね。
    あそこは看護師さんと施設のボロさにさえ目をつぶれば、リハビリは上手な所でした。
    (あっ、またキーボードが滑った)

  • 2012/10/10 (Wed) 23:51
    mikomona #- - URL
    原田さん、コメントありがとうございます。

    こちらこそご訪問ありがとうございました。

    主人が愛用しているパラリンコップを作られた方にお礼を言う事ができて、とても嬉しいです。
    ブログをやっていて良かったと思います。

    今日も主人は朝晩の歯磨き、頑張りましたよ。
    原田さんのおかげです。

  • 2012/10/15 (Mon) 14:22
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんにちは。

    あはは、迫力ありますか~。

    男性はひげで全然イメージが変わりますからね。
    女性の化粧のようなものかもしれません。

    入院中は強制的に看護師さんがそっちゃって気弱なおっさんにしかみえませんでしたが、
    退院してしばらくすると自分で伸ばし始めました。
    それを見ていると、ひげも大事なアイデンティティなんだなと思います。

    髪は全脳照射と化学療法でコテンパンにやられたせいか
    すっかり薄くなってしまいました。
    爪も一時は変色したり色が変わったり剥がれたりしましたが、
    ヒゲだけは常にフサフサなんですよ。
    人体って複雑です。


    ちなみに毎週、不慣れな私がカットしてます。
    一度も上手にカットできた試しがありません…。

  • 2012/10/16 (Tue) 08:13
    mikomona #- - URL
    西の魔女ちゃん さん、こんにちは。

    いつも温かいコメントありがとうございます。
    とても励まされています。

    うちの主人は元々とても負けん気が強い人。
    なので鍛えがいがある人です(笑)
    裏目に出ると頑固な怒りん坊で、扱いにくいんですけどね。

    一度歩けなくなったら、もう一度歩くのは無理だろうと思ってました。
    やってみるものですね。

    何より、数歩歩くだけでも本人には大きな自信がつきます。

    でもこれを理解してくれる医者はとても少ないのです。
    「ちょこっと歩けたって生活の改善にはならない 介護の手間は大して変わらない」
    一生懸命やっているのに、こう断言されると傷つきますね。

    患者の気持ちを理解してくれる往診の先生とPTさんに巡りあえて、うちは幸せです。
    一歩一歩、また頑張っていこうと思ってます。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する