肉じゃがに至る長い道

主人に胃ろうを造って1年半以上経ちました。


当初は、一体これからどうなるのか不安でいっぱいでした。
嚥下評価の検査では明らかな誤嚥が認められ、
医師から食べることは一生諦めなさいと言われての退院でしたから。

ダメと言われても、家に戻ってみるとやっぱり諦めきれず、
こっそりゼリーやヨーグルトを繰り返しながら少しずつ食上げしていきました。

幸い往診の先生が理解のある方で、止めるどころかあれこれアドバイスをしてくれて、
私のやり方を上手にサポートしてくださった事もあり、
めきめきと嚥下が回復したように見えました。

実際は、今でもそれほど回復してないだろうと思ってます。
というか検査しても正確な評価は無理だろうと。

嚥下の造影検査(VF)をご覧になったことがあれば分かるかもしれませんが、
認知機能に問題がある方や、主人のように高次脳機能障害で集中力が落ちている方では
家でやるようにはいかないのです。

結局『検査しましたが、やはり誤嚥してますね』と、止めを刺される可能性大です。



でも鬼嫁は諦めきれなかったです。


というか、主人の病気のお陰でとても大事な教訓を得たのです。
『医者の言うことを鵜呑みにしてはいけない』
いえいえ、指示に従わないとか、医師を信頼しない、という事ではないですが、
何事も自分で調べ、自分で判断する事が大事だと思うのです。


全く何も食べられないなんて、私には信じられない。


という一念で、あれこれ試行錯誤を重ねていきました。


6月には脳梗塞で顔面と喉に麻痺が残り、もうダメかと腹をくくりましたが、
何と奇跡の(?)復活。


まだ水分はとろみを付けても飲めませんが、もしかしたら回復するかもしれません。

生きてる限り、諦めない。
と思ってますから。





そんな主人の今週の夕飯です。

アカガレイの煮付け、野菜とえび団子とお豆腐のあっさり煮物、市販のポテトサラダ、トマト。
KIMG103501.jpg
煮魚は、味が良かったものの身が柔らかすぎて盛り付けがぐしゃぐしゃ(涙)
煮物は味見が不十分であっさりしすぎの大失敗でした。味しないし…。
ポテトサラダを買っておいて良かったです。


めかじきと豆腐のピカタ、トマトとアボカド、ちゃんと味見した野菜の煮物(笑)、大根のビール漬け
KIMG104101.jpg
煮物はちゃんと味がしました(笑)。
ピカタは逆にちょっと味気なかったです。う~ん、下味をどうやってつけるかが課題かな。
アボカドはカロリーもビタミンも摂れて嚥下に優しいお野菜(いや果物?)ですね。

大根のビール漬けは、あれから毎日食卓に登場しています。
酢を足しましたが日が経つにつれ酸味はまろやかになり、ますますおいしいお漬物になりましたよ。 


マグロのお刺身、肉じゃが、トマトとゆでブロッコリー
KIMG104401.jpg

じゃがいもは裏ごししても、何となく喉にひっかかるものがあるんですよね。
マヨネーズで和えたポテトサラダは食べられるんですが、
肉じゃがは一度トライして惨敗した経験があり、長いこと敬遠してました。
あとお肉も、繊維が歯に挟まったり噛みきれなかったりして嫌がります。

でも、ここ最近特に嚥下の調子が良いので、再戦を決意。

圧力鍋で加熱しすぎておいもが溶けちゃいましたが、煮汁にとろみをつけてからめました。
これがじゃがいもをくるんで、飲み込みやすくしてくれます。
また、奮発して100g380円の牛肉切り落としを使ったので(奮発してないかしら)
とろとろに軟らか♪お肉の味がしっかりおいもにしみておいしかったです。


うーん、やっぱり日本人なら肉じゃがよね~♪
お皿に残った煮汁まで、たんねんに箸でつまんで食べる主人も同じ意見と確信しました。

一度むせましたが、それでも自力で喉頭残留を除去して完食できました。


やったね!リベンジ成功!!


ちなみにブロッコリーも結構むせやすく、懲りずにちょこちょこトライしている食べ物です。
だいぶ上手に飲み込めるようになってきました。


来年は、またファミレスで外食が楽しめるようになったら良いな。
もっともっと、美味しい物が食べられたら良いな。
鬼嫁の野望はまだまだ続きます…。
スポンサーサイト

Comment

  • 2012/12/02 (Sun) 11:44
    みのねこ #- - URL

    mikomona様へ

    おはようございます。

    ご主人様が無事に臙下され、美味しく食されるに至るまで…細やかに努力された賜物ですね。

    『医師の見立てが全てではない』、と思わずにはいられません。

    何より、本当に美味しそうです!
    これからお昼ご飯の食材買いに出ます。
    アボカドとトマトとマグロのお刺身と、
    お肉(…さすがに高いのは我が家は無理ですが)、を買ってきます!

    みのねこ拝

  • 2012/12/09 (Sun) 17:28
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんばんは。

    いつもお返事が遅くなってごめんなさい。

    コメントありがとうございます。いつも励まされて頂いてます。

    私、料理は全然得意じゃないので、こんな人間が嚥下食作ってていいのか不安ですが
    専門家の監督のもと、『むせたら即中止』と言われながら食べるよりも、
    慣れた環境で落ち着いて食べる食事が、主人には一番合ってるのかもしれません。

    お医者さんは本当にピンキリだと思います。

    自分の意見が絶対とは思いませんが、いろんな意見を聞いて考える時間が必要ですよね。
    問題は病気のほうがそれを待ってくれない場合ですけど…。
    その時は腹をくくるしかないですかね。

    よそのお宅のお料理ってすごく参考になりますよね。
    ちょっと暇があると料理ブログを見てます。
    今度みのねこさんの食卓も拝見したいです♪

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する