特攻野郎Aチームもビックリの命知らず野郎(その2)

前回からの続きです。


節分の日、豆まきで大賑わいの高幡不動へ紛れ込み、豆をもらってウハウハの鬼嫁ですが、
ふと振り返った瞬間、人混みの中にも関わらず、思わず叫びました。
201302030101.jpg




まっ、まめっ、豆をくうなぁ~~~~!!!!!

201302030102.jpg

あんたそんなもの食べたら欠片を誤嚥するに決まってるでしょうがっ!!!


周囲の人達がビックリしたかもしれません。
いえ、驚かされたのは私ですし、その時周囲の何もかもが視界から消えてました。

今思うと、たかが豆ぐらいで何を怒っているのかと思った人もいたかもしれません。

たった一粒の豆、それが命取りになる可能性なんて、普通は想像もつかないでしょうね。


いやぁ~~、やられた!
まさかその場で食べちゃうとは思わなかったです。
しまったぁ……(涙)


またもや嚥下の神様に熱烈に祈るはめになりました。



もしかして、朝感じた『嫌な予感』ってこれでしょうか。


足取り重くお札所へ行き、『家内安全』『身体安全』2枚のお護摩をお願いしました。
お護摩は後で送ってもらえます。

そしてまた人混みをかき分けて境内を出て、タクシーに乗りました。


車の振動のおかげかもしれません、乗ってしばらくすると痰と一緒に欠片が出て来ました。
恐らく喉頭にたまっていたやつです。
よしっ、これでまだ望みはある。

家に戻ると、主人はすぐに疲れて眠ってしまいました。
痰は増えてこないですが、SP(サチュレーション:酸素飽和度)があんまり良くない(95~96)です。


1時間半ほど眠って起きてからも、やっぱりちょっと元気がありません。
SP値も変わらず。
咳払いしてもらうと、あまり絡んでないんですが、
深呼吸してもらうと、喉の奥が軽くぜいぜい鳴ります。

肺には行ってない、気管支のどこかで痰がからんでるのか…。

そこまで落ちてしまうと、普通の咳では出せそうにありません。
痰が多ければ、咳で口元まで上がってくるので普通に吸引できるんですけど、
豆の欠片は残っていてもごく細かなものだと思います。

胸郭圧迫法で出るような大きさではなさそうです…。


覚醒レベルは悪くない。
発熱もない。
座位も問題ない。(若干右傾気味)
「あ~」とちゃんと声が出る。
咳払いの指示が入る。

うーむ。


とりあえずまだ肺炎の兆候はありません。

夕食にします。
「え~っ、嘘でしょ、食べさせるの?」
と思われるかもしれませんが、
明らかな肺炎の兆候(大量の痰、咳、発熱、元気の無さ)がない限りは
絶食させる必要はないと思います。

覚醒レベルが悪くないというのが大前提ですが。

主人の誤嚥には、意識レベル、集中力が大いに関係しています。
危険な場合はすぐ中止する気持ちで食事をはじめました。

KIMG115401.jpg
銀だらと野菜(白菜、ねぎ、えのき、しいたけ)と豆腐の煮物
蒸し鶏肉と大根のグラタン
トマト、オニオンスライス


いつものように、煮魚の煮汁でたくさんの野菜を一緒に煮ました。
何度やってもおいしい♪

先週の金曜日に鶏胸肉でフリッターを作ったんですが、
残りのお肉はその日に茹でて冷蔵してました。
その茹で汁で割いた胸肉と、圧力鍋で下ゆでした大根を煮て、
ホワイトソースを入れて味をつけ、片栗粉でしっかりとろみをつけて、チーズを散らして焼きました。
ちょっと高い肉だから?しっとり軟らかくておいしかったです。

グラタンが大好物の主人、真っ先にスプーンを持って平らげました。


食事中、2度咳き込んでゴボッと音がして、
食後にも咳が出て、痰を飲み込んだ気配がありました。
……。出たかな??



SP測ってみます。
おっ、97が出ました。
さっきの咳で奥の痰が動いたようです。



そのまま、痰がらみもなくベッドへ行き、
0時過ぎに再度SPを測りました。
98~99。

これで朝まで大丈夫なら、恐らく肺炎には至らず済みそうです。



あー…。
やっぱり1人で行ってれば良かったかも…。
いや、違う。
節分に行くのはやめます。
豆のことはおいとくにしても、あんなに混んでるとは思いませんでした。




というか、高次脳機能障害を負った主人は、まさに特攻野郎Aチームもビックリの命知らずですわ。
そういえば今朝、歯磨きの途中、歯ブラシを鼻の穴につっこんで鼻くそを掃除しようとしていたのを見た時に
全てを察するべきでした。

我ながらひどいオチですが、豆をボリボリ食べていた主人を見た瞬間、
私の脳裏によぎった正直な気持ちです(涙)

……ま、まぁいいんです、肺炎にさえならなければ。
(豆はおいしかったそうですし)




そんなこんなで、バタバタしておりました。
コメントのお返事は明日にさせて下さい。
いつもすいません…。
スポンサーサイト

Comment

  • 2013/02/04 (Mon) 18:00
    タンム― #- - URL

    食事も命がけなんですね。うちも2歳のチビがいるので、
    あめとかガムとか食べてほしくない物ばかり食べてしまって、
    のどにつかえて、逆さまにして口に手を突っ込んで出したりします。
    食べ物が凶器に変わってしまうのは怖いですね。
    mikonomaさんの御苦労に比べればなんともないですけど、
    気持ちは少しだけ分かる気がします。

  • 2013/02/04 (Mon) 18:04
    まっち #- - URL

    ご主人、お茶目です。
    お茶目ですが、危なかったーーー ∑(・∀・|||)
    周りの方達には、理由はわからなかったでしょうが
    mikomonaさんの剣幕でなんとなく、「ヤバイ」って思ってくれたのでは?

    肺炎に至らず、本当に良かったです。
    歯ブラシで鼻くそ取ろうとしたご主人にぶらぼーーーe-287

  • 2013/02/06 (Wed) 00:06
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する