2年間、待って待って待ち続けた兆し…かな??

毎週水曜は訪問ST(言語)リハです。
もう一年経ちました。
最初は拒否もあったけど、元々体を動かすのが好きだし
STさんが主人にあったリハビリメニューを考えてくれることもあり、今では毎回真面目に取り組んでます。
訪問リハ以外でも、自宅で少しずつ嚥下リハを続けてきました。


「喉仏の拳上スピードが上がってきましたね」
※挙上:きょじょう 持ち上げること。反対語は下垂 だそうです。
食べ物を飲み込む時、喉仏がぐっと持ち上がって気管の蓋(喉頭蓋)が閉じて誤嚥を防ぎます。
このスピードが遅いと当然ながら気管が閉じきらないうちに食べ物が通過するので
誤嚥が発生します。

なので、喉仏が良く動くようになるということは、嚥下障害が回復してきたということなんです。



そんなSTさんの言葉を嬉しく聞いた翌日。

夕食の後片付けを終えてから、しそジュースを作りました。
近所の八百屋さんで赤しそを見かけて、飛びつくように買ったんです。
おいしんですよね~~♪


主人は夕方から3時間ぐっすり寝たおかげで、
ぱっちり目を開けてテレビを見ています。


しそジュースは簡単です。
きれいに洗ったシソの葉を熱湯でぐつぐつ煮出して、ざるとキッチンペーパーを使って濾します。
鍋に戻して、お好きな甘味料とお酢で味つけすればおしまい。
うちはラカントというノンカロリーシュガーを使います。
血糖値に影響しない甘味料なので主人にも安心、私も罪悪感なしにたっぷり飲めます。
主人のヨーグルトに入れてあげようかなぁ…。


さっそく、できたてしそジュースを味見してみました。


うっ…今年は濃いな…。
思ったよりしその束が多かったんですよね~。
鍋にも保存容器にも限りがあるので、大量のしその葉をぶちこんで煮だしたのが失敗だったかな…。
すごいしその香りがします。

グラスをテーブルに置いたまま、私は席をたちました。
そして、ちょっと用事を終わらせて居間に戻ると、主人がグラスを手に取り、
カラカラと氷を鳴らしていました。
涼しげな音を楽しんでいるようでした。




私はすぐにグラスを取り上げることはせず、黙って見守っていました。
(そして写真を撮りました)

しばらくカラカラして、ゆっくりグラスを口元へ持っていきます。
このグラスは結構重たいので、滅多に箸より重いものを持たない(いや、これホントの話)主人にとっては
なかなか大変そうでした。

そっと隣に座り、グラスの底に手をあてて落とさないようにサポートします。

こういう場合は主人の意志で、主人のタイミングで、飲めるようにしてあげないといけません。



ごくごく…。


ごくん。


ごくごく…。


ごくん。



いい音です。
とろみのない水分を、しっかり送り込めてます。

しっかり飲める時は、こくん・ごくんと澄んだはっきりした音がします。
誤嚥する時は、ゴボッと濁った音がするので慣れると耳で分かります。

あ、あくまで素人判断ですよ。


ちなみに、主人のような嚥下障害にとって、とろみのない普通の水が一番難しいのです。
(嚥下障害にもいろいろな種類があるので念のため…)
逆にこれが飲めるようになれば、かなり回復したと言って良いでしょう。


1年間のSTさんのリハビリ、そして一口のゼリーから始まって2年間の経口摂取の効果がようやく出てきた
……のでしょうか?


「おいしい?」
「……うーん、もう、もう(ちょっと)」
「私の好みだから薄いでしょう。もっと甘いほうが良かった?」
「うん」
「じゃあ、今度はもっと甘くするね」



ああ、飲めた。



飲めた!!!





これは、長いこと切望していた回復の兆しかもしれない。



もちろん、今がたまたま調子が良いだけなのかもしれません。
回復したとしても、体調の波によって嚥下が弱くなる時もあるでしょうから、
油断禁物。
いきなり水をガブガブ飲ませるなんて冒険はできません。

でも、これからの季節、冷たい飲み物を一口でも口から飲めたら気持ち良いですからね。

様子を見ながら、少しずつ練習していこうと思います。


※この翌日も肺炎の兆候はなく、痰がらみもなく、順調です。やったね!
スポンサーサイト

Comment

  • 2013/06/29 (Sat) 16:07
    西の魔女ちゃん #mQop/nM. - URL
    綺麗な色ですね

    シソジュースは愛情と言うエキスがたっぷり入っているから
    のど越しが良くなるんでしょう

    回復への階段また一段(二段かな?)上がりましたね

    おめでとう~♪

    時間がかかっても確実に一歩・一歩


  • 2013/06/29 (Sat) 16:54
    mikomona #- - URL
    西の魔女ちゃん さん、こんにちは。

    温かいコメントありがとうございます。

    この時期になると赤しそが出回るのが待ち遠しいです。
    梅干しは無理、でもしそジュースは何とか…(味は毎年安定しませんが)

    維持期のリハは長期間続けてもすぐには目に見えるような効果が出ないので、
    モチベーションを保つのが大変なんですが、
    またこうして水分が摂れるようになると嬉しいですね。


  • 2013/06/29 (Sat) 20:14
    しおん #qbIq4rIg - URL

    良かったね、本当にいいことで良かったですね。
    いつかきっと・・・そういう思いが叶った日は、本当に良い日。
    読んでる私もとっても幸せな気分になりました。

    紫蘇ジュース。キレイな赤色でおいしそうですね。
    私も早速、紫蘇を手に入れて作りましょう。

  • 2013/06/30 (Sun) 07:58
    まっち #- - URL

    素晴らしいです!
    嚥下機能の向上って難しいと実感していた矢先。
    mikomonaさんの努力と熱意がここまで回復できた要因ですね。

    我が家は、まだまだトロミ粉から脱出できませんが
    せめて「冷たい」ものを・・と思って、冷蔵庫から出したばかりの飲み物を飲ませてます。
    大好きなコーヒーをトロミ粉無しで飲ませたいなぁ・・

  • 2013/06/30 (Sun) 08:14
    みのねこ #- - URL
    ごくん、ごくん、美味しいですよね!

    mikomona様おはようございます!

    紫蘇ジュースを美味しそうに飲まれるご主人さまの様子が伝わってきました。(´▽`*)
    夏バテ予防に我が家も愛飲しております!(あと竹水と^^;)
    義母が作ってくれるのですが、色は薄い透明な黄色です(何でしょう?葉っぱの種類なのでしょうか?)。
    mikomonaさまの紫蘇ジュース、葡萄酒色できれいですね(*'▽')。

    みのねこ 拝

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する