普段の食事こそが最高のリハビリ

本日の夕食です。

豚肉のしょうが焼き、ほうれん草のバター炒め、ゆでとうもろこし
『切っただけサラダ』(トマト、ゆでキャベツ、紫玉ねぎのスライス)
IMG_20130701_195353.jpg


ここ1~2週間、嚥下機能が良くなったのを実感しています。
そのちょっと前はヘロヘロだったんですけどね~。
何が起きたのかしら。


そこでいくつかレベルを上げてトライ。
豚肉は薄切り肉から少し厚めの普通のロース肉に変更。
とうもろこしは、蒸してマヨネーズをかけただけ。
玉ねぎは少し固めのシャキシャキに仕上げてみました。



このとうもろこし、とても甘くて主人の大好物。
今回はフライパンで蒸すのではなく、ルクエでレンチンしました。
できたてはとてもおいしかったけど冷蔵庫で1日おくとちょっと黒ずんできました。
蒸気で蒸す方が『プリっ』が長続きするような…??

で、いつもはオムレツに入れたり、他の野菜と一緒にトマトで煮込んだりしてるんですが、
今日は粒のまま出してみました。
マヨネーズにからめて、ちょっと嚥下に優しくね。
IMG_20130701_19535301.jpg

実は、箸で一粒ずつつまんで食べてもらうのが狙い。

ついつい口の中に食べ物を詰め込んでしまうのを防ぐこと、
そして小さな粒をつまむOT(作業療法)も兼ねてます。
ぽろぽろこぼれやすいとうもろこしの粒をつまむのは、手先を使う+集中力を鍛える事になりますからね。

上手くはまってくれた主人、ひたすらとうもろこしの粒をつまんで口に入れてました♪



それから、写真がないんですが朝食べるパンが少しずつレベルアップしています。
今はもう私と同じ食パンを、自分でかじって食べてるんですよ。

ちなみにどのように変化したのかというと…

約1年半前
ふんわり食パンなど柔らかいパンを耳を落とし、1口大に切ってジャムなどをのせる(げほげほむせていた)

デニッシュを1口大に切ってジャムなどをのせる(STさんに見てもらって経口摂取中止を勧告される)

クロワッサン、黒糖ロールなどいろいろ試す(むせは減らず)

1年前(2012年6月)
脳梗塞のため一時中断

2012年8月
パスコのちぎりパン 1口大に切り、チーズを載せてトーストしたもの(米粉のしっとりがかなり良い感じ)

しばらくちぎりパン&時々デニッシュなど菓子パンが続く
やがてほとんどむせずに食べられるように

今年の4月に私が食べていた天然酵母の食パンを食べたがり、
それなりに歯ごたえがあるが、試したら意外にいけてびっくり。

しばらく天然酵母のパンを一口大に切って、チーズやジャムをのせたトーストを続ける
※天然酵母のパンは高いので、私はスーパーのPBトーストを食べてました(涙)

6月後半 私のトースト(この時は超熟)を横取りして食べる。
いくらなんでも歯ごたえがありすぎだろうと思いきや、意外にいける。

超熟食パン6枚切りを一口大に切ってトースト、チーズのせやジャムをつけて食べる(もうむせません)

そして今週から、一口大に切るのを止めました。
とはいえ1枚では多すぎ、大きすぎなので、1/4にカットしたものを2枚(つまり半分ってことですね)
耳までしっかりかじって食べてます。
すごい!



こうやって書きだしてみると、嚥下機能の回復は緩慢ではありますが、
まず何でも良いので、とにかく一口でも食べられる食形態を気長に続けていくのが良いのかなぁ…と。
あくまでうちの主人の場合ですが、
根気よく続けていくとすっとレベルアップする時が来るので、そこで食形態を変えてきたように
感じます。


私としては手間が減ってきて万々歳です♪

というか毎朝ほとんど同じメニューなんでこれ以上手間を省けないぐらいですが(汗)
そこはツッコまないようにお願いします…。
スポンサーサイト

Comment

  • 2013/07/04 (Thu) 00:31
    みのねこ #- - URL
    細やかな

    玉ねぎのスライスを食されるまでに…、
    mikomonaさまの細やかなお食事リハビリが奏効したのですね。

    ああ、
    毎回ながら、とても美味しそうで…拝見してるいと、
    お腹が空いてきてしまいますよー^^;(私、毎回同じこと言ってマスね;)


    みのねこ 拝

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する