感情フラッシュバック

月初の月曜日は忙しくなるのが分かっているので、頑張って早起きしました。
…正確には主人の『おーいおーい攻撃』で5時すぎに起こしてもらったんですが(笑)

私を気遣って早起きしてくれた主人、デイサービスに出かける頃には完全に熟睡してしまい、
外用の車いすにヘルパーさんと2人がかりで移乗させるのが大変でした。
明日じゃなくて良かった。(明日は一人で送り出し)

さて、雨も止んで洗濯物干した、ゴミだし完了、掃除機終了!出かけましょう!

が、駅に着くと改札前に大勢の人がいて、『人身事故により運転再開は未定』という掲示が。
え~~…(涙)


仕方なくバスで別の路線の駅へ移動する事にします。
素直に待っていた方が早いかもしれませんが、こういう性分なんですね。

※ちなみに駅で『振替乗車票』というものをもらっておくと、バスでも振替輸送で処理してくれるそうです。
 全然知らなかった私はしっかり実費を払いました…。くくっ。


バス乗り場も混んでましたが、何とか座席に座ることができました。
何気なくスマホでGoogleマップを起動して、地図を見ます。
ああ、この駅から乗れば良いのか。初めて使う駅だわ。
そういえば、駅の近くにあるこの病院、
2010年8月に、てんかんの重積発作で救急車でかつぎ込まれた主人が一晩だけICUに入院したとこだ。
その時の記事は<こちら>



しかしまいったなぁ…

私はうとうとしたり、スマホをいじったりして時間を潰しました。
朝の渋滞でノロノロ進むバスも、やがて見慣れぬ光景になり、もうじき駅かな~…。


そして突然『それ』がやってきました。


続きはこちらから








全くの不意打ちです。

なんだろうと思う間もなく、息苦しさ、そして動悸が激しくなりました。
両腕に鳥肌がたち、焦りと不安と、打ちのめされた気持ちで金縛りにかかったようです。

なにこれ?
とあっけにとられる自分と、強い恐怖の感情を同時に感じるというのは
非常に変な気分です。

どうやらこれは感情だけのフラッシュバックのようです。
目の前に当時の光景が見えたりはしないですし、
見当識も問題なし。



そういえばこの重積発作→ICU搬送→1晩入院のことは、
てんかん発作がきっかけとなって腫瘍の再発が見つかり、治療、リハビリ、
そして在宅介護と次々にいろんな事が起きて、すっかり忘れていました。



皆様に心配をかけるといけないのでお断りしておきますが、
私は元気で大丈夫ですよ。
主人の病気がらみのフラッシュバックは、自分自身の闘病体験ではないせいか、
心理的なダメージは少ないのです。

しかしてんかんの重積発作は、見ている方のショックも相当大きいですし、
ショックを受けつつも、冷静・迅速・適切な対処が求められる状況でもありますから、
それだけ大きな負の感情が記憶の底の引き出しに残っていたのでしょう。

※重積発作とはてんかん発作が止まらなくなったり、発作を繰り返すという症状で、
 (通常は1~3分ほどで収まります)
 30分以上続くと脳にダメージが残ると言われていますから、大至急発作を止めなくてはいけません。
 ちなみに30分後に救急車を呼べという意味ではありませんし、
 発作のたびに救急車を呼べという意味でもありません。
 私は3分以上続くようなら覚悟を決め、4分過ぎたら救急車を呼びます。
 なぜなら救急車が来るまで7,8分、運良く搬送先がすぐに決まったとしても移動に時間がかかり、
 さらに救急処置室に運んで治療開始までを考ると30分はあっという間だから。
 主人の場合、発作から『何とか止まりました』と医師が教えてくれるまで小一時間かかったと記憶しています。



そうだ、あの時は気管挿管1歩前までいったんだよねぇ…。
(気管挿管している間は全身麻酔で昏睡状態になります)
ほんと、危なかったんだ。


とにかく、私は冷静になろうと深呼吸しました。
過呼吸になりたくないので、息を吐ききることを意識しました。

バスが停留所に着きました。
外気に当たれば少し気分が良くなるかなと思ったら、動悸はますます激しくなりました。
深呼吸、深呼吸、とにかく駅に着いて電車に乗る。


駅は思ったよりずっと遠く、電車はなかなか来ませんでしたが、
電車に乗り込んで病院が遠ざかるにしたがって、すうっと気持ちが楽になりました。



ちょっとだけ次回に続きます。
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/03/06 (Thu) 20:25
    みのねこ #- - URL

    それは…やはり潜在的に焼き付いているものなのでしょうね。

    実は私、日々の不安→眠れない→睡眠時に突然過呼吸発作→
    診断名「パニック障害」、の経過をたどって今に至っております^^;。

    私は元々ストレス耐性が弱い人間なので、私の症例はアレですが、

    mikomona様、今、もしかしたら休養をしっかりとられる時なのではないかと思います。

  • 2014/03/08 (Sat) 12:08
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんにちは。

    みのねこさん、こんにちは。

    ご心配頂いてありがとうございます。

    主人はもう3年以上てんかんの発作が出てないので、すっかり油断していましたが、
    本当に発作って怖いんですよね。
    今回のフラッシュバックはきっと『油断するなよ~』と、自分が注意してくれたんだと思ってます。

    みのねこさんも、いろいろご心労が絶えないと思います。
    どんな状況におかれても、自分のやるべきことが見えている時はまだ良いのですが、
    先の見えない不安な状況に長期間おかれるというのは
    誰にとっても辛いことです。


    そういえば、15年以上前になりますが、会社の同僚が突然過呼吸で倒れた時は
    ものすごくビックリしました。
    当時はパニック障害という言葉も知りませんでしたが、
    いつ発作が起きるか分からないというところは、てんかん発作と少し似てるかもしれません。
    (てんかん発作中は意識がないなど違いも多々ありますが)

    てんかんと過呼吸、どちらも睡眠不足は良くないと聞きます。
    主人は1日12時間ぐらい寝てますから不足はなさそうですが…(汗)
    私もお昼寝しよっと♪

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する