薬剤性『偽性アルドステロン症』 電解質代謝異常は怖いです

先々週、主人は久しぶりに血液検査を受けました。
半年ぶりぐらいじゃないでしょうか。
本当はもっと頻繁にやりたかったのですが、腕の血管が見えない、見えても採血できないという状況が続き
とうとう

「動脈から採りましょう」

ということになりました。

幸い主人は爆睡中で、足の付根に近い場所に注射針をぶっ刺されても身動きひとつせず
(眉をしかめただけらしい)
U先生がしっかり止血(10分押さえ続けてました)をしても、目覚める様子もなく
良いのか悪いのか…。

まぁ無事に採血できました。


静脈は体の表面を覆ってますので、皮膚が薄いところ(肘の内側など)は目で見えますが、
動脈は体の奥にあり、深く刺さないと採血できませんし、
しっかり止血をしないといけません。

人によってはとても痛いそうです。



そして結果は、概ね良好でしたが、
「カリウムが低いので、グリチロンを止めましょう。そして野菜ジュースを摂るなどしてください」
と言われました。


カリウム…。


カリウムって、なんかヤバいんじゃなかったっけ。


調べてみると、確かに高くても低くてもヤバいです(汗)

グリチロンは肝臓のお薬で、エクセグランと同時に服薬を始めたのでもう4年飲み続けています。
甘草から作られる、そんなに強い薬ではない(らしい)ですが副作用として低カリウム血症があります。

甘草由来の薬の服用で起こる低カリウム血症を『偽性アルドステロン症』と呼ぶらしいです。



初期症状としては、血圧上昇、むくみ、手足のだるさ、筋力低下があり、
進行すると起立不能に陥ることもあるそうです。

つまり筋肉をうまく動かす事ができなくなるわけで、
低カリウム状態がもっとひどくなると心臓がうまく動かなくなって不整脈を起こす可能性もあるのです。


ひょええええ。



確かに、年末ぐらいから血圧が高いとデイサービスから指摘されていたのに、
寒いからかな?なんて悠長に考えていたんですよね~~。
いつも高い訳じゃないし、だいたい夕方には正常値に治まっていたので、
U先生の往診時には「普通ですねぇ」となり
「もしかしたら、睡眠時無呼吸で熟睡できてないのかも」とか「年だから?」←これは私の意見 とか
見当違いの話をしていたんです。

血液検査すれば一発で分かったはずですが、何しろ静脈から血が採れなくて…。
静脈は見えてるんですが、時間をかけて腕を温めても、何度針を刺しても出ないんです。

こんなに血管が固くなってると、恐らく、今後点滴する事があってもかなり苦戦するだろうなぁ…。



幸い、薬の服用を中止すれば、1~2週間程度でカリウム値は回復するそうですし、
高血圧もありますが血清ナトリウム値は正常値の範囲内、
他に重篤な症状がないので、食べ物からカリウムを補って様子を見ることになりました。

もう1つ幸いな事に、カリウムを手軽に補える食べ物があるんですよ。
それはバナナです。

安いしおいしいし、嚥下にも優しい果物です。主人も大好き。


1日4本食べると、一日の摂取制限値にほぼ達すると言われるほどカリウムが豊富。
バナナの他に野菜や果物も食べてますから、主人の場合は毎日1/2~1本を限度にしています。

カリウムは薬では増えにくいそうで、食べ物から補うのが一番良いそうです。
もちろん摂り過ぎも良くありません。

高カリウム血症・低カリウム血症いずれでも筋力低下がみられ、
重篤になると不整脈が起こり、最悪心停止もありうる恐ろしい病気です。


ちなみにバナナは糖質が多いので血糖値がちょっと心配ですが、
退院して以降血糖コントロールは良好ですから(ちょっと自慢入ってます)それほど心配しなくても大丈夫かな?



うーん、私も血圧計使えるように勉強したほうが良いのかしら…。
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/03/23 (Sun) 11:15
    ほりかん #mQop/nM. - URL

    お久しぶりです。自分も腎臓が生まれつき奇形で
    左の腎臓がまったく機能してない状態です。
    右側だけで全身をカバーしているので健常の人より
    大きくなっています。食べ物も健常の人の半分を目指して
    食べるようにしています。体を維持していくためには
    いろいろと大変なことがいっぱいあります。
    お互い頑張りましょう。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する