年中行事

私、定期的に指を怪我するんですが

昨日もやらかしてしまいました。


しかも右手に持った包丁で右手親指を切るという、器用なやつ…。



去年かな?主人の褥瘡用に処方して頂いたデュオアクティブが残っていた時は、ちょこっと切って傷に貼り、
市販の防水シールをぐるっと巻いておきました。
ラップでも良いのですが、デュオアクティブは厚みがあって多少濡れても大丈夫
指のような複雑な曲面でもきれいにくっつき、自然に剥がれるまで放置でOKという素晴らしい保護材なので、
ついつい愛用してしまいます。

キズパワーパッドの親分みたいなものですが、デュオアクティブは傷に合わせて切って使えるので
断然便利です。(医療用で市販されてないのが残念)



ところでなんで切ったかというと、実は、2週間ほど前に私の弟が来て、包丁を研いでくれたんです。
弟は料理の仕事をしていたので立派な砥石を持っています。
これで研いだ包丁は、スパスパ良く切れるので、
ほんのちょっと指に当たっただけで、スッと切れてしまうのです。

今回もスパッと切れて、ドバっと血が出ました(涙)

でも、切れ味が良い刃物で切るとくっつくのもはやいんですね~。
ある程度止血したところで水でジャバジャバ洗い流し、普通の絆創膏と防水テープを巻いておいたら
絆創膏が真っ赤に染まるぐらい出血しましたが、
寝る前に剥がして洗い流してみると案外きれいになってました。

後は絆創膏を貼り替えつつ、水仕事をしている時は使い捨てのプラスチック手袋をしていけば
案外早く治りそうです。


でも利き手親指のケガは不便ですね~~~。
早く治らないかな…。



私の歯科医いわく、血液にはいろいろ良い成分が入ってるのでむやみに流さない方が良いんだそうです。
(抜歯した後も、強くうがいしないでねと念を押されました)

子供の頃は、石鹸で洗ってマキロンで消毒してしっかり乾かして…というのが定番でしたが、
今は全然真逆な治療(湿潤療法)が推奨されてますね。

※正確にはケガの直後は良く水洗いして、土など細菌がいそうな場所でのケガであれば消毒も必要です。
 また傷が膿んだり赤くなったりした場合は、すぐ湿潤療法を中止して消毒や抗生物質で治療しなくてはいけません。



ここでは詳細を書くのは憚られますが、
人間の排泄物を移植して病気を治療しようという悪趣味な冗談みたいな方法も、すでに欧米では導入が始まり、
日本でも治験段階だそうです。
かなり治療効果があるそうです!!

傷を消毒しないぐらいは我慢できますが、他人の排泄物の薬なんて絶対に嫌なんですけど…。


でも、これも将来は正露丸ぐらい普通の治療法になるのかもしれません。
うううう…。

汚い話がオチですいませんでした。
(興味のある方は糞便移植でググってみてください。※食事中厳禁)
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/04/28 (Mon) 01:16
    みのねこ #- - URL

    一瞬、「右指を切断するという」と錯覚してビビりました(・_・;)
    大丈夫でしょうか?

    痛みもさることながら、利き手が思い切り使えないのは本当に不自由ですよね(>_<)
    早く治るといいですね…。

    【糞便移植】、ググってみますっ(; ・`д・´)

  • 2014/04/29 (Tue) 11:38
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんにちは。

    せ、切断!私もビビりました(笑)

    もう痛みは治まりましたので、あと2~3日絆創膏を貼って保護すれば
    だんだん皮膚がくっついてくるでしょう。
    主人の介護用に常備してあるプラスチック手袋が大活躍です(笑)
    結構血が出たので『ヤバい!』と思いましたが今回も消毒なし、水道水で洗うのみで大丈夫でした。
    うーん、子供の頃あんなにマキロンで消毒したのは一体何だったのか…。

    そういえば『キズ※ライ』のようなパウダー式消毒薬も、
    うまく使わないと細菌を閉じ込めるため化膿して悪化するケースがあるそうです。
    むやみに消毒するより、自己免疫で治せる傷に余計な事をしない方が良いのでしょうかね。


    がんワクチン、PCNSLの治験も募集してたんですが、どうなったのかなぁ…。
    うちは放射線治療はもうできないし、抗がん剤もあまりキツイのは厳しいので
    新しい治療法にはかなり期待してたんですが、
    まだまだ現実的な治療法にはならないようですね。


    糞便移植も一種の免疫療法と言えなくもないですが…。
    やっぱり他人の『アレ』は嫌だ~~~~!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する