こんな時期にミニバラを植え替えることに…。

我が家にはミニバラが3鉢あります。

1つは買ったばかりの『オーバーナイトセンセーション』。
香りが良いということで、自分で選びました。
KIMG076401.jpg


あとの2つは地元のお花屋さんで買った名前が分からない子ですが、
母の日に主人が選んでくれたので、枯らすわけにはいかない大事な鉢です。
KIMG071301.jpg

2013-0518-115127019.jpg
↑去年の写真しかなかった(汗)

『オーバーナイトセンセーション』は買ってすぐ5号スリット鉢に植え替えました。
5号鉢というと小丼ぐらいの大きさで、片手でひょいと持てます。

問題はあとの2つ。

あまり大きくしたくないので、毎年春先に同じ鉢に植え替えて管理してきましたが、
今年はもう限界だったらしく、花は咲きましたが下葉が黄変してきました。
水切れ、根詰まりのサインです。

しかも植え替えの時、鉢底石の選択を間違えたのも良くなかったです。

失敗した~~。
やっぱり大きな鉢に植え替えてやればよかった…。


どうしようか迷いましたが、思い切って植木鉢を買い直し、今日再度植え替えしました。
オレンジの子は6号→6号ロングスリット鉢に、濃いピンクの子は8号→7号のロングスリット鉢です。
抜いてみると、すでに鉢底石にまで根がからんで苦しそうでした…。
ごめんね。

特に濃いピンクの子は、元々薔薇に向いてないタイプの鉢(直径に対して高さがない)だったので、
せっかく延びた根がすぐ底についてしまい、相当無理を強いてたようです。

あ、あと懺悔するとですね、ピンクの子は蕾がいっぱいついてる時に誤って落としてしまい、
鉢からすっぽり抜けてしまったのです…。
根詰まりももちろんですが、落下のダメージも大きかったみたいです(涙)


今度はロングタイプ鉢なので、根が育つゆとりはたっぷりあります。
ありすぎて根腐れするかもしれないけど…。
(ロングじゃないスリット鉢を買っておけばよかった)

どこまでも計画性のないヤツ

※スリット鉢というのは、鉢の下部に縦方向に隙間(スリット)が入ってる鉢のこと。
 普通の植木鉢は底に穴が空いてますよね。
 スリット鉢は普通のものに比べ、根の張りがよくなると言われています。


植え替え後のミニバラちゃん
KIMG079101.jpg

右(オレンジの子)はまあまあですが、左(濃いピンクの子)はバランスが悪いですね…。とほほ。
KIMG079102.jpg
本来植え替えは休眠期の冬にやるもので、その時期ならもっと根を崩して一回り小さくて高さのある鉢(左の6号ぐらい)に植え替えるんですけど、これから暑い夏を控えてますので、根を崩す勇気が出ませんでした。



何とか元気を取り戻して、また来年きれいな花を咲かせてね!


ついでに満開をすぎたペラルゴニウムを切り戻し。
KIMG076601.jpg

去年一度も切り戻さなかったので、思い切ってがっつり切りました。
KIMG079103.jpg

ヒメエニシダもトリミング。
KIMG079104.jpg
てけとーに切ってしまったけど…大丈夫かな(汗)

この子は…なんだっけ、あっそうだ、シロタエギク(ダスティ・ミラー)ですね。
KIMG079601.jpg
『アンの幸福』(原題:Anne of Windy Willows)にダスティ・ミラーという名前の猫が登場しますが、
ダスティは汚れた、ミラーは粉屋という意味だそうで、
シロタエギクの別名は恐らく、白く粉をふいたような葉の様子から名付けられたのではないでしょうか。
そう言われれば、粉まみれに見えなくもないかな?

去年は横へ横へはみ出してきて邪魔(笑)なので、春にばっさり切ったら
今度は縦へ縦へ伸びております。

洗濯物干す時にやっぱり邪魔なんだよ~~。

花は黄色くて、名の通り菊っぽい花ですね。(ピンぼけすいません)
KIMG079602.jpg
これにも蜂がやってきて蜜を採っていくんですよ。


しかし暑い週末でした。
昨日は風があったので扇風機で我慢しましたが、今日はエアコンつけました。
U先生からも『高温注意』の電話を頂いたので、医師の指示ってことで(嘘)

私は八百屋のおじさんおすすめのスイカを食べましたが、やっぱり6月にスイカって何か違う気がして
あんまりおいしく感じなかったです。
だって、さくらんぼうより早いんですもの…。早すぎだわ~~。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する