いけいけどんどん

昨日の夜、お箸を使ってみてわりと食べられたので、今日は最初から箸を使っての食事でした(鬼嫁やな~)

その代わり、できるだけつまみやすいように食材の切り方を変えました。

うちは、大根と人参を柔らかく下茹でしたものと、こんぶだしはだいたいいつも冷蔵庫に入ってまして、
煮物汁物炒め煮などに使いまわすんですが、
前日が揚げ物だったので、今日は一度茹でこぼした薄切りの豚肉を入れて日本酒、ラカント(ノンカロリーシュガー)、醤油だけで煮ました。
豚肉には小麦粉をまぶし、調理の最後にさっと加熱すると柔らかく食べられますし、
溶けた小麦粉がとろみになり、飲み込みを助けます。

そしてこのとろみが箸のひっかかりも良くします。
とろみの付け方はいつも難しくて、濃すぎても飲み込みにくいし、薄くても意味がないし、
うまくついた!と思っても料理が冷めるととろみが変化したり、
口からこぼれたモノで薄まってたり(とろみが薄いとこうなりやすいです)
そうそう、とろみ剤によっても固まり方が違いますし、面倒ですね。


もう1品は焼き野菜のトマト煮。
なす、ズッキーニ、しめじ、ピーマン、かぼちゃ、たまねぎを油を敷いた鉄鍋で焼きます。
この野菜を焼くのはテフロンのフライパンではイマイチで、うちはすき焼き用の鉄鍋で焼きます。
短時間でジューシーに焼けるんですよ。
これで焼いた野菜は、そのままお皿に盛ってお醤油とかポン酢だけでも十分なのですが、
昨日自家製トマトソースを作ったので、これを使って煮込みにしました。
コンソメがないので鶏ガラスープの素で少し風味をつけて、
焦げそうになったら昆布だしを足します。
煮詰まったら塩こしょうで味を整えます。
野菜だけでもおいしいのですが、冷蔵庫の掃除を兼ねて半分残った鶏胸肉(塩とオイルをまぶしてレンジで加熱)をスライスしたのを加えればできあがり。
くたくたに煮た野菜ってやっぱりおいしいですね♪

あとはきゅうりの塩もみと、茹でたキャベツ。
野菜いっぱい食べられました。

食後にコンビニで買ってきた『瀬戸内レモンのレアチーズ』で締め。
ごちそうさまでした~~。


半年近いブランクを感じさせないほど、上手な箸使いでした。
小さい具材はつまみにくそうですが、ほとんど1人で食べきることができました。

ほっと一息です。

このまま好調を維持して欲しいなぁ~~。


自助具スプーンを使っていた時は、具材は親指の爪ぐらいに切って柔らかく調理していました。
もっと小さい、いわゆる刻みはスプーンからボロボロこぼれるので不向きのように思います。

大きすぎるとスプーンから落ちてしまうし、小さすぎるとスプーン山盛りにすくって口いっぱいに頬張ってしまうので、
スプーン軽く一盛りに乗る大きさが目安です。


KIMG043501.jpg

※この自助具スプーンはフォークのように刺すこともできるんですが、
 調子が悪い時はそういう器用な使い分けができないのですよね…ひたすらすくうのみ…。

箸だともう少し大きい方がつまみやすいです。
親指の第一関節までぐらい?
ちょうど一口大と言われる大きさでしょうか。(大人なら1辺が3cmぐらいかな)

適度な大きさの食材は前歯で嚙み切り、奥歯ですりつぶす動作も十分入るので、顎の運動になります。
顎を動かすと、脳への血流が良くなります。
脳への血流が良くなると、覚醒レベルが上がります。
覚醒レベルが上がると、咀嚼だけでなく身体の動きも良くなります。
体が動くようになると内臓も動くので、胃腸も元気になります。
ますます食べるのが楽しくなります。

おおお~~~すごいスパイラルだわ~~。
(ま、理想ですよ、あくまで理想です)

という訳で…。


今度は立位保持いってみよーっ!!! おーっ!!!
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/06/05 (Thu) 15:06
    ゆうこ #c8h847jk - URL

    はじめまして!
    ベイクド ガーリックを検索していて、こちらのサイトに伺いました。鬼嫁どころか、とても楽しく優しく素敵な奥様と お見受けしました。偶然、わたしの30年来の親友も 昨年に脳梗塞により 高次脳機能障害を患っています。また、いろいろ読ませてくださいネ。

  • 2014/06/08 (Sun) 10:13
    mikomona #- - URL
    ゆうこさん、はじめまして。

    ゆうこさん、はじめまして。

    ご訪問頂きありがとうございました。
    お返事が遅くなってすいません…。

    在宅介護は、家族と本人の気力体力の限界を見極めながらの生活です。
    私が鬼になってお尻を叩かないとこっちが倒れちゃいますから(笑)頑張ってます。
    天使よりも鬼のほうが、主人が負けず嫌いな性格なので案外ちょうど良いのかもしれません…。

    お友達、大変でしたね。
    うちも高次脳機能障害は身体障害よりも重篤でやっかいですが、
    可能な限り、『焦らない、諦めない、怒らない』で何とかしのいでます。

    またお時間ある時遊びに来て下さい。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する