何気ない幸せの色は

最近の我が家のベランダ。
今年の春は水仙とチューリップ、パンジーが植わっていたプランターです。

球根植物は早々に咲き終わり、パンジーはアブラムシの巨大集合住宅となってしまい
泣く泣く抜きました。
すさまじい有り様でした…。

現在はこぼれ種のルッコラとツユクサが風に揺れております。


ツユクサは、一体どうやって5Fのベランダまで種が運ばれてきたのか全く分かりません。
ごくありふれた、そこらじゅうでよく見かける植物ですが、
種ってどんな形してるんだっけ?


「おいおい、ツユクサってただの雑草じゃん!」
というツッコミはなしでお願いします(笑)

だってほら、こんなにきれいな青ですよ!
KIMG080002.jpg
奥で女性ヘルパーさんに甲斐甲斐しくお世話されている主人の幸せそうなこと…。

1輪つんでみました。
澄み切った空と同じぐらい、美しい青ですね~。
KIMG080302.jpg
でも朝咲いた花は夕方もうしぼんでしまいます。
はかない美しさ…。

この青の色素は、このように簡単に紙や布に移すことができますが、
水洗いすると落ちてしまうんだそうです。
KIMG080301.jpg
その性質を利用して、昔は染め物の下絵に使われたんだとか。

勝手にやってきて勝手に花を咲かせる雑草のツユクサ。
すぐ隣でパンジーやルッコラがアブラムシの総攻撃にあっていてもこの子にはあまりつきません。
したたかで地味で丈夫。
立派な庭に生えたらすぐ抜かれてしまうかもしれません。
だけど、こうやってみるとなかなか可愛いです。

実は来年は、このプランターに忘れな草を植えようと思ってます。
(やはりアブラムシに強いらしいので)
青×雑草ってことで、ツユクサと仲良くブルーガーデンに…いや、やっぱり雑草だわ(笑)
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する