最新?高機能?だから何?(特攻野郎Aチームのオープニング風に)

先日、ケアマネさんから
『楽匠(らくしょう)』という介護用ベッドの話が出ました。
パラマウントベッドさんから出ているベッドです。
<公式サイト>
CMでご覧になった方もおられるでしょうか。

ポイントとしては
◎ギャッジアップしても身体がずり下がりにくい。
◎これまでのベッドは単に上下するだけだったが、足元が頭より下るので
 立ち上がりやすい、ベッドでの食事も椅子に近い感覚でできる
◎ベッド高の調整幅が広がったので介護者も楽
だそうです。
(私が言ったんじゃないですよ)

「ほんとに身体がずれないですよ!試してみる価値ありますよ!」
体験会に参加したケアマネさんの言葉です。
(私が言ったんじゃないですよ)

「とにかく試してみないと分かりませんからね。導入してみましょうか」
(これは私が言った)


という訳で、設置してみました。
じゃ~~ん♪
KIMG080901.jpg


そして…。


続きはこちらから



即時撤去しました(笑)



業者さん、お疲れ様でした。


ダメだったのは、これ。
KIMG080903.jpg
スイングアームです。
これはベッド柵に取り付けて使うもので、
車いすへの移乗時に、これを掴んでもらいます。
うちは立位保持のリハビリにも活用しています。

これが小さかったのです…。

以前使っていたものです。
KIMG081901.jpg
カメラのアングルが違うので分かりにくいですね。
アームそのものの大きさはあんまり変わらないんですが、

握りの長さが全然違います。
楽匠のスイングアーム
KIMG081902.jpg
今使ってるベッドのスイングアーム
KIMG081903.jpg

握りの長さの比較
KIMG081904.jpg

形状も、楽匠はカーブがついてますね。
これは麻痺がある人にしか分からないかもしれませんが、
手すりはまっすぐ、長い方が安定します。
機能的にもそうですが、心理的にも、短い手すりは怖いものなんです。



さらに、自慢の背上げ機能を使って端座位になった場合、
何とスイングアームが床に対して垂直ではなくなるという致命的な欠陥がありました。
KIMG081601.jpg
KIMG081503.jpg
カメラのアングルが悪くてすいませんが、ベッド本体が斜めになるので、
当然、手すりも斜めになります。
この手すり、握り部分は楕円になってるので、角度がつくと当然握った時に違和感が出ます。
前のやつだったら正円に近いのでまだ良かったかもしれませんが…。



さらに背上げ(ギャッヂアップ)する前に体のポジションをかなり正確に決めておかないと
ギャッヂアップしてベッドが斜めになった時、体ごと落っこちそうな気分になります。
極端な例えですが、滑り台みたいな感じです(私の感覚ですけど)
人によってベストな位置は違うでしょうが、主人の場合は頭をヘッドボードにほとんどくっつけないとダメでした。
うちは枕が結構大きく、これが邪魔になってなかなか上げきらず、
何度もポジショニングをやり直すはめになりました。
※今までのベッドも同じですが、足元が斜めになる訳じゃないので落っこちそうな感覚はないです


慣れれば大丈夫かもしれないけど、不慣れなヘルパーさんが入った場合
この姿勢の調整を徹底させるのは大変だなと思いました。


そして、主人は一度試したきり、二度と楽匠に近づこうととしませんでした。


一応説得はしてみたんですけどね…。
「何度か使ってみると慣れるかもしれないよ?」
「2~3日だけ使ってみない?ダメならまた戻せばいいんだし」

返事は
「いや!!」
「いや!!!」
「いや!!!!」
(重度の失語症でも"No Thank You"(あなたに・感謝は・しない)はしっかり主張できる不思議)
でした。


あーあ。

ま、まぁ…あれですよ。
使う人に合ってるかどうかが大事なんであって、
『高機能』とか『最新式』とかはどうでもいいんですよ。うん。
その人に合っていれば、畳にせんべい布団でも立派な寝具ですよ。

良い勉強になりました。


あ、あと細かいところで
『点滴ポール』を固定する穴が空いてないってのも
ちょっと残念な点でしたね。

読んで字の如く、点滴バックや胃ろうから液体を注入するボトルを下げるためのポールなんですが、
身体より高い位置でしっかりと固定する必要があります。

うちは現在、胃ろうへは半固形化で注入しているのでこのポールを使う事は滅多にありません。
でもいざという時ないと困ります。
あ、あと聴診器とパルスオキシメーターを下げて使ってます(笑)
いつもここに下げておけば、なくす心配がありませんからね。



結局、障害の内容は片麻痺といっても人それぞれであり、
いくら高価な素晴らしいベッドでも、障害者がそれに合わせられないなら意味はない。


あくまで私の感じですけど、ご自分で歩行が可能な方、
もしくは立位が全く取れない方でしたら大丈夫かなと思いますが、
手すりを掴んでギリギリ立位保持が可能という微妙な(?)場合は
スイングアームは使わず、別途床置きのアームを設置した方が良いかもしれません。

※ラクリアモーションを使わない場合は、ベッドが斜めにならないようです。
 でもそれじゃあ今までのベッドと同じですからねぇ…。


大雨の中、私も主人も業者さんもただただ疲れただけ…というお話でした。



ちなみにタイトルの意味が分からない方は
↓こちらの1:09ぐらいを見て下さい。(いや、見なくても良いですが)

特攻野郎 a_team op japanese version 投稿者 bairi33
個人的にこのドラマの吹き替え版は最高に素敵です♪
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/06/09 (Mon) 10:16
    トマシーナ #- - URL

    分ります。
    どんなにいい物でも、その人自身に合っているかどうかなのですよね。
    マッチングの失敗という感じかな。
    我が家の父もベットについては文句ばかり云っていますよ。
    病院で使っていたのがヨカッタそうです。
    でも病院のは重くて、一般家庭には不向きなんですよねぇ~(-_-;)
    マクラも気に入らないっていうから、じゃあ一緒に買いに行こうと云うと嫌がるし・・・・困ったもんです。
    マクラも個々人に合わせてみないと分らないんですが・・・・。
    いろいろな文句や要求を、私にばかり云うんですよね。
    (母には決して云わない)
    あまり私に対して依存心が強くなるのも困るので、
    週末の一日は出掛けるようにしています。
    要介護1なんで、介護に手間が掛かるわけではないので出来ることです。
    今の状態をキープしてもらうためにも、甘やかさないようにしているという現状です。

  • 2014/06/16 (Mon) 01:51
    mikomona #- - URL
    トマシーナさん、お返事遅くなりました

    トマシーナさん、お返事遅くなってすいません。

    すいません、なんだかいろいろあってバタバタしてました。

    枕って、慣れた枕じゃないと眠れないという人いますよね。
    私はあんまり気にしない方なんですが、枕で肩こりが治ったとか聞きますから
    やはり体にあった枕を選ぶべきなんでしょうね。

    私には父との思い出がないのでよくは分かりませんが、
    娘についつい甘えてしまう気持ちは何となく分かるような気がします。
    甘えられる人がいるって、良いことです。
    それを時に跳ね返して厳しくしてくれる人がいるのは、もっと良いことです。きっと。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する