こんなお部屋に泊まりました(富士レークホテル・富士山側コーナールーム) #1

あっ、すいません、すごく散らかってますが…。

貸切風呂の時間があるので主人をベッドに移し、大急ぎで荷解きがある程度終わってから、
「写真撮るの忘れた!」事に気づいたので(汗)何卒ご了承願います。
DSCF144701.jpg


富士レークホテルは前の記事でご紹介した正面玄関の建物に近い東館と、渡り廊下の奥にある西館に分かれてまして、今回泊まったお部屋は東館5Fの角部屋です。

別に角でなくても良いのですが、バリアフリーのお部屋で、2台とも電動介護ベッドが入っているのでこちらにしました。
(別に2台でなくても良いのですけどね)


続きはこちらから
DSCF144702.jpg
広めのワンルームのお部屋で、東側を頭にしてベッド(セミダブルかな?)があり、
そこへ寝転ぶと窓から富士山が見えます。
ベッドは家具調の作りですが、3モーターでキャスター付きの素敵なベッドです。
マットレスは固めですね。身体が沈み込まないのでこれは良かったです。

ベッドの反対側にダイニングテーブルがあります。
DSCF144703.jpg
事前にお願いすると、朝夕ともお部屋食が可能なんです。
我らは夕食をお部屋で、朝食は食堂でビュッフェにしました。


こちらは部屋風呂ですが、ちゃんと温泉が引き込んであります♪
DSCF145104.jpg
浴槽も、よくあるユニットバスではなく木製で、ゆったりと温泉を満喫できました。
大浴場へ行く事ができない家族も温泉を楽しめる素晴らしい配慮です。
(いや、本当は障害者本人のためなんですけどね)

お風呂は狭いですが、『座シャワー』という、座ったままシャワーが浴びられるものがあって
DSCF145105.jpg
DSCF145106.jpg
がに股鬼嫁にとって痛む腰をいたわって身体を洗えるのが最高に嬉しかったです。

もちろんお馴染みの浴用いすと洗面器もあります。
DSCF144709.jpg
シャンプー、リンス、ボディソープが備え付けられてます。
シャンプーとリンスは何とホテルオリジナル、野バラの香りです。
後で主人を野バラの香り漂う湯上がりおじさんにしてあげたのは言うまでもありません。


洗面台にも、豊富な備品が並んでますので
こだわりがなければ、ほとんど何も持ってこなくて大丈夫なんじゃないでしょうか。
DSCF144710.jpg
ハンドソープ、クレンジング、化粧水(男女)、歯ブラシ、髭剃り、麺棒などなど。

洗面台の下はこんな感じで、奥行きがちょっと浅いので車いすだと手が届かないかも…。
DSCF144711.jpg

お風呂の向かい側にトイレがあります。
写真がないですが、ドアはすりガラスの引き戸です。
DSCF145112.jpg

壁面の手すりはこんな感じ。
DSCF1459121.jpg
反対側の手すりははねあげ式になってます。

予約時に「オムツ使用です」と断っておいたら、おむつ用のゴミ箱を用意してくれてました。
DSCF1459122.jpg
うちで使ってるのと同じ(笑)匂いが広がりにくい構造です。


長くなってしまったので、続きは別の記事に。
最後までお読みいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する