こんなお部屋に泊まりました(富士レークホテル・富士山側コーナールーム)#2

お部屋の紹介の続きです。

ベッドはフランスベッドの3モーターベッドでした。
DSCF145113.jpg
うちのベッドとモーターの動き方が微妙に違いますが、これがあるとないとでは介護の労力が段違い。
もはや普通のベッドには戻れません。

そうそう、枕がちょっと変わってました。
DSCF145114.jpg

2つ折りになっていて、固さも高さも調節可能な便利枕です。
DSCF145115.jpg


こちらのホテルのすごいところは、福祉用品がたくさん揃ってること。
無料で貸してもらえます。
DSCF145117.jpg
うちは、床置きの手すりをお借りしました。移乗時に大活躍でした。
他にも入浴補助グッズが充実してましたよ。


続きはこちらから




あと、玄関はこんな感じです。
DSCF145118.jpg
靴は下駄箱に入れて、室内は裸足でOKとのこと。
もちろん車いすはそのまま入れますし、スリッパもあります。


右側に冷蔵庫(ミネラルウォーター2本と梅酒がサービス)
DSCF145119.jpg

左側には暖蔵庫!初めて見た~~!
DSCF145120.jpg

湯沸かしポット、日本茶、ドリップコーヒー、可愛いクッキーもありました。
朝、コーヒーを淹れました。
ドリップコーヒーは香りも楽しめて嬉しいですね(一度目は取り出す時に粉をカップに落とし、飲めなくしたのは内緒です)
DSCF145121.jpg
お部屋でおいしい温かい飲み物が飲めるのは助かります。

最後にお部屋からの眺めはこんな感じ。
DSCF143012.jpg
前の建物が富士山に被ってて、残念です。

でも展望室がありますし、部屋の真上にある食堂からも素晴らしい富士山が見えますから
利用時にカメラもって行きましょう。

目の前は道路で、時折車が通る音がしますね。でもそんなに気になるレベルではありませんでした。
(夜は特に静かでしたね)
DSCF145122.jpg

もう一方の窓からはロープウェイが見えます。
DSCF145116.jpg
うーん、乗ってみたかったなぁ~。車いすでも大丈夫なのかしら。
次回があればぜひ!


だらだら写真だけ並べましたが、落ち着いた雰囲気の良いお部屋でした。
部屋はちょっと手狭かなぁという気もしますが、ベッドもテーブルも動かせるので、
車いすの操作に不自由は感じません。

数歩、手引きでも歩行できる方でしたら、トイレや部屋風呂が利用できると思います。
(部屋に段差は全くないです)
おむつ利用でも、専用ゴミ箱があるので気持ちよく利用できました。

備品の充実度は、今まで泊まったホテルのなかでもずば抜けてます。
利用者の声をよく聞いて反映させているように感じました。

あっ、あとスタッフ皆さんの対応も丁寧で好感がもてましたよ。
※ここには身体介護のヘルパーさんはいませんので、必要なら外部から自費で頼むことになります。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

  • 2014/06/17 (Tue) 22:46
    みのねこ #- - URL

    ずっと居たいような素敵なホテルのお部屋ですね(´▽`*)。
    澄み切った空に、富士も素晴らしい。
    何よりもスタッフの応対が良いのは、心地良さも更に増す感じですね。

  • 2014/06/18 (Wed) 16:31
    #- - URL

     兄が、中枢神経悪性脳リンパ腫で治療を受けています。
    今はこの病気の再発はないのでしょうか?

  • 2014/06/20 (Fri) 10:31
    mikomona #- - URL
    コメントありがとうございます。

    コメントありがとうございます。

    お兄様が私の主人と同じ病気で治療中とのこと、
    大変なご心痛のことと思います。

    治療が奏功し、一日も早くお元気に退院されるよう祈ってます。


    このPCNSL『中枢神経原発悪性リンパ腫』はご存じの通り、脳にできた腫瘍ではありますが
    血液腫瘍(白血病やいわゆる悪性リンパ腫)に属します。
    (脳外科ではなく、血液内科で治療する病院もあるそうです)
    血液腫瘍の厄介なところは、ほんの少し腫瘍細胞が残っているだけでもだんだん増えてきて、やがて再発することです。
    PCNSLも全く同様で、非常に再発しやすいと言われています。

    主治医の話では、10年たって再発した患者さんもいたそうです。

    これはあくまで私個人の意見というか考え方ですが、
    PCNSLは再発しない人はしないし、する人はする、
    何か特別なことをやったからもう再発しないんだ、という病気ではないと思うのです。

    主人も医学的にいえば『もう治った』ではなく『再発してない』状態が続いているだけで、
    いつ再発してもおかしくないはずです。

    だから私は、再発するかもしれない未来にあれこれ思いを馳せるよりも、
    一緒にいられる今日を楽しもうと開き直った気持ちになりました。

    何のアドバイスにもなっていないのですが、
    PCNSLは現在患者数が急増している脳腫瘍で、新しい治療法(主に抗がん剤のレジメン(抗癌剤の投与方法)でしょう)の研究が世界各地で進められています。

    日本では、初発のみ適用ですが、
    昨年11月にMTX(メソトレキセート)+TMZ(テモダール)の治験(フェーズ3)が認証されました。
    ただし先進医療Bでの認証ですから、正式に承認されても治療費はかなり高額(自己負担が増える)になりますが…。

    また、フランスでは高齢者の患者さん限定ですが、
    これまでより治療効果が高いレジメンが発表されています。

    他にも再発時に適用されるレジメンはいくつかあります。
    100%効果が保証されている訳ではありませんが、
    例え再発しても、決して諦めるような病気ではないと思います。


    非常にお辛い状況でしょうが、
    がんのような大きな病気との闘いは、家族の支えがとても大きいです。
    できる範囲で結構です、どうか笑顔を失わずいて下さったら…と思います。

    どうぞコメント主さまも自愛下さい。

  • 2014/06/20 (Fri) 10:34
    mikomona #- - URL
    みのねこさん、こんにちは。

    みのねこさん、こんにちは。

    そうなんです、建物自体はちょっと古びてるんですけど、
    なんというか…隅々まで愛情が行き届いている感じがじんわり伝わってきて
    とても居心地の良いホテルでした。

    河口湖の温泉街も程よく鄙びていて(笑)雰囲気良かったです。

    そして何度見ても荘厳な富士山にすっかり惚れてしまいました♪美しいことは良いことだ!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する