帝国ホテルのラウンジにて 後編

前回の続きです。

偶然と勢いで帝国ホテルのラウンジに乗り込んでしまった我らですが、
どうやらお客と認めていただいたようで、無事に着席。
そんなに浮いてない…と信じたい…。
(お父さん、あんまり隣のおばちゃんをジロジロ見ないで!)

このラウンジはとても広くて、多分100名ぐらい座れるんじゃないでしょうか??
スタッフの方は10名ぐらいかな?
とってもダンディな男性がスタッフをまとめておられるようです。
浅黒く引き締まった身体に黒服がビシッと決まっていてとてつもなくダンディです♪
目の保養だわ~~~(いやいや、何を見ているのでしょうか)

しかし、お冷やを持ってきてくれた女性もそうですが、他のスタッフの方々も身のこなしにそつがなく、
きびきびと、かつ優雅に動いておられて、さすが一流ホテルのラウンジにふさわしい働きぶりです。

何より皆さん笑顔が優しい。(絵が下手ですいません)
2014072102.jpg
もちろん笑顔も仕事のうちなんですけど、嫌味がないんですね。

お冷を持ってきてくれた女性にケーキセット(正確にはペストリーセット)を頼むと、
見本のケーキを皿に載せて持ってきてくれました。
2014072101.jpg

全てが輝いております(笑)どれもおいしそう~~~。
イチゴのショートケーキ、モンブラン、小さな丸いパイが2種類、桃のタルト、真っ白なチーズケーキとゼリーです。
確かにオーソドックスなケーキばかりですが、一つ一つ丁寧に作られていて思わずため息がでます。

主人はケーキを見つめ…。
2014072104.jpg

そして彼女を見つめます(笑)
2014072103.jpg



そこで鬼嫁がさりげなくアシスト
「おすすめのケーキはどれかって聞きたいんだと思うんです」
2014072108.jpg

さらに素敵な笑顔になった彼女は、期間限定のシトラスゼリーと、桃のタルト、そしてカマンベールチーズを使ったチーズケーキを勧めてくれました。
2014072110jpg.jpg
嘘も方便、沈黙は金、秘すれば花です。ふふふ…。

主人には、『本当にふわふわで美味しいですよ』ということでカマンベールチーズケーキにしました。
私は桃のタルト。

こんな感じです。
img_102_01.jpg
ちなみにこのカマンベールチーズケーキは、上高地帝国ホテルのラウンジで頂ける名物ケーキらしいです。
上高地へはとても行けそうにないので、ちょっとラッキーな気分になれました♪


オーダーの後、カトラリーを持ってきてくれた際に、片手が使えないのに気づいてナイフは置かずフォークだけを並べてくれたのも嬉しい配慮でした。

…っていうか、ケーキもフォークとナイフで食べるの?
と思いましたが、うちの場合はチーズケーキを切り分けるのに大活躍、さらにタルトの台はフォークだけでは切れないほどどっしり固かったです。なるほどね…。
でも、そのどっしりした台(パートシュクレというらしい)が濃厚でジューシーな甘さの桃とぴったり合って、
おいしいんだなぁ~~。
きっとバターもお砂糖もたっぷり使ってるんだろうなぁ~~(汗)


チーズケーキはお勧めどおり、しっとりふわふわでなめらか、甘さ控えめで、おいしかったです。
(私もすかさず一口味見しました)
カマンベールチーズなので、ほんのちょっと塩気があるのかな?チーズ臭は全くありません。
チーズケーキなのにチーズくささがない、そしておいしい。何なんだ!
いやいや、後を引くおいしさです。ホールで食べたい!
2014072109.jpg
主人はそんな鬼嫁の視線を感じたのか、むさぼるようにケーキを平らげました。
そりゃこんなおいしいケーキ、一切れだって渡したくないでしょうね(笑)


そして少しむせましたが、アイスティーをトロミなしで飲めました。
(アールグレイのアイスティーよりお冷やの方が良かったみたいです)ははは…。
香りが独特だからかなぁ~。


「よろしければアイスティーのおかわりはいかがですか?」と聞きに来てくれた彼女に
「ケーキ、とってもおいしかったです」とお伝えすると、またにっこりと笑って、そして主人も自然に笑顔。

笑顔っていいですね。
言葉がなくても、その場を幸せにしてくれる。
そこにおいしいお菓子があるともっと幸せになれる。

食べられるようになってよかったなぁ。
飲めるようになってよかったなぁ。

そう、食べたくても一口も食べられない苦しみを知っているのは、この場では私達だけかもしれないね。
でも現実には、大勢の人たちが今も苦しんでる。
だからこそ、心から感謝したい。
いろんな方々の支えのお陰でこうして素敵な笑顔に会えたことを、本当にありがたく思います。

ごちそうさまでした。



いつかまた一緒に来られたら、伝統のパンケーキってやつを食べてみようね。
KIMG098102.jpg
正面玄関の横に石庭があるんです。そこで一枚。


帰りの電車でも眠くならず、元気に帰ってこられました。
珍しくカメラに向かってすごく良い笑顔!すかさずパチリ。
KIMG098101.jpg

ああ~、しまった、帝国ホテルの車いす用トイレがどんなのか見ておけば良かった!
……うん、これは絶対もう一回行かねば!


うん、いつか…いや、消費税が上がる前に絶対行こう(汗)
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/07/24 (Thu) 22:11
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/25 (Fri) 11:48
    トマシーナ #- - URL

    食べられる喜び、笑顔の効用、
    うん、とってもステキはお話でした。
    そして、帝国ホテルのスタッフさんの素晴らしさ!!
    接客のプロでいらっしゃるのでしょうね。
    一日ご機嫌で過ごせて、本当にヨカッタですね(*^_^*)

  • 2014/08/24 (Sun) 23:58
    mikomona #- - URL
    トマシーナさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    主人の病気があってから、食べることが如何に大切かを考えさせられる毎日です。
    健康な時は、コンビニごはんでもインスタントラーメンでも気にならなかったんですけどね。

    そして味だけでなく、料理の彩り、器、食べる場の雰囲気、全てが大切なのですよね。
    (身体に障害があると食べる姿勢に気を使う必要もあります)
    私もお金はかけられないけど、帝国ホテルのおもてなし精神を見習って、
    せめて笑顔は忘れないようにしようと思いました。
    本当に心に残る笑顔でした…。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する