mikomonaの夏休み自由研究 追加実験開始  過発酵…だよね?

ハマると奥が深いパン焼きの世界です。

一度ハマった経験があるのでよく分かってます。
でも、自分で焼いたパンっておいしくて、ついついまた作りたくなるのですよね~。


という訳で、大きい密封容器を買って(Amazon先生ありがとう)再度仕込み。
オリジナルのレシピでは、一度醗酵させた生地は冷蔵庫で2週間保つそうなので、
いや、そんなに放置するつもりはないんですけど、本当に大丈夫なのか実験がてら焼いてみることにしました。

じゃ~~~ん。



前回は800ml(すいません前回の記事は1000mlって書きましたが、よく見たら間違えてました)の容器で
パッツンパッツンだったので、余裕を見て1350mlの容器です。
KIMG115902.png
冷蔵庫に入るのか、これ…?

いくらなんでも大きかったかなと思いましたが、

30分後
KIMG115903.png

2時間後
KIMG115904.png

おおお~。
こんなに上がるんですね~。暑いからかな。

材料をまぜた時は、わりと固いんですが、
発酵が進んだ表面はふわふわでつやつやです。
KIMG115905.png

で、これを冷蔵庫に入れます。蓋はぴったり閉めてはいけないそうなので、
でも乾燥させてもいけないのでゆるく蓋をしめ、A3サイズのジップロックで密封して野菜室に入れました。

8時間後
KIMG116401.png
一度上がった生地が少ししぼんでいます。
匂いはほんのり甘酒。そう、イーストが糖分を分解して炭酸ガスとアルコールを作った証拠です。

つまり、これ過発酵なんです。多分。


普通のパン作りなら完全に失敗作。
フィンガーテストをしたらプシュ~~とへこむこと間違いなし。

ところが参考にしたオリジナルのテキストでは、これは通常の状態であって問題ないと書いてあります。
絶対にパンチ(生地を押さえてガスをぬくこと)をしてはいけない、
1晩おいた生地はしぼんでそのままの状態を保つと書いてあります。


う~~~む。


ほんまかいな~~???



でも、焼いてみないと失敗かどうかは分かりません。


お手本の写真を見ると確かにブツブツと気泡があり、過発酵に見えます。
本当にここからちゃんと膨らむパンができるでしょうか?

明後日ぐらいに焼く予定ですが、念の為にスーパーで『超熟』買っておいた方が良いかも(笑)
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する