『キャタピラ式階段昇降機』はちょっと怖いかな…。

さて、コメダ珈琲でお腹を満たした後は、電車で一駅。
西武園駅に到着です。


私すっかり勘違いしてたのですが、
実は西武園駅にはエレベーターがないのです!

去年『ところざわのゆり園』に行った時は『西武球場前駅』を使いました。
ここは階段がないフラットな作りだったので、
なんかそのときのイメージが強くて…。
うかつでした。

でもケアマネさんがいろいろ下調べしてくれて、
車椅子の場合は『キャタピラ式階段昇降機』という機械を出してくれるとのこと。
(特に予約はいらないそうです)

うちのケアマネさんは、元ヘルパーなので、在宅介護はもちろん移動支援も手慣れたもの。
電車の時間を調べるのはもちろんんのこと、
「雨降るといけないからカッパ3人分持ってきましたよ~」
「ええっ、すいません!」

いかん、すっかり甘えてしまいました…。


さて、これが『キャタピラ式階段昇降機』(商品名:チェアメイト)です。
KIMG122201.png

以前池袋駅で、リフト型の昇降機を使わせて頂いた事がありますが、
このタイプは初めて。
駅で見かける、自販機のドリンクを運ぶためのキャタピラ付きの台車、あれの大きい版ですね。

では、よろしくお願いします!


続きはこちらから



まず、車いすを入れるために、スロープを引き出します。
KIMG122202.png

車いすはスロープを後ろ向きに登るように入れなくてはダメです。
体幹が弱い方は前のめりに落ちる可能性がありますので、シートベルトは必ず締めておきましょう。
KIMG122203.png
奥まで車いすを入れたら、固定します。

車いすを入れた後、固定は駅の職員さんとケアマネさんにお任せして写真を撮りまくる鬼嫁。

そしてかなり不安げな主人…。
うーん、こういう時に一切の拒否権がない車いす利用者は、辛いなぁ…。
ごめんね。

後ろ向きのまま、階段へ向かいます。
KIMG122204.png

階段を登る前に、車いすを乗せている台が後ろにゆっくり傾きます。
KIMG122205.png

そして
KIMG122206.png
キャタピラが回ってゆっくり、ゆっくり登っていきます。
これ、人が引っ張ってる訳ではなく、自動で段差を登っていけるんです。

……。
使わせてもらってなんですが、これ、かなり怖いですね。
KIMG122207.png
いえ、多分人が手を放したらブレーキが掛かるはずだし、
それで逆に落っこちるとか、そういうことはないはずです。

でもかなり視点が高いですし、後ろ向きに上がっていくので…。
ちなみに帰りは前向きに降りるので、これもこれで怖いんです。
↓こんな感じ。

ケアマネさんがついてくれてるので、写真を撮る余裕がありますが…。
KIMG122208.png

主人はずっと手すりを握りしめていました。
KIMG122209.png


キャタピラの挙動自体は安定していますが、振動も音もけっこう大きいです。
乗り物酔いするんじゃないかしら…。
KIMG122210.png
そして、階段を昇降し始める前にチェアメイトの向きをきちんと確認しないと、
昇降している間に、徐々に軌道が斜めになっていくので要注意。
壁にぶつかる危険があるそうです。ええっ、それって超危険じゃないですか…。


また、このタイプの昇降機は、昇降中ではなく乗り降りする時に事故が起きています。
スロープから脱輪して車椅子ごと落下、転倒した事例があるそうです。
確かにこのスロープ、真ん中がぽっかり空いているので、気をつけて乗せないと簡単に脱輪してしまいます。

もちろん職員の方はとても丁寧に対応してくださったので、
不安を感じることはありませんでした。
機器の操作に慣れている方がいるということも、重要なポイントですね。

沿線に住んでいる私から見ると、
西武電鉄、西武バスとも、かなり車いすの対応に慣れていると思います。
それだけ多くの利用者がいるのでしょうし、そのため職員さんもしっかり研修も受けておられるのでしょう。
ありがたいことです。


ちなみに西武園駅にエレベーターが設置されるのは数年後の予定だそうで、
それまではこの『キャタピラ式階段昇降機』を使う以外ないですね。

今回は、エレベーターのありがたみを改めて感じました。
でも停電時にはこういう昇降機を使うか、人の手に頼るしかないわけで、
やっぱり車いす利用者にとって、段差はやっかいなのですね~~。

さて、段差の次は山登りです。
がんばるぞー!
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する