クリニックの秋祭りにお邪魔してきました

往診に来て頂いてるU先生のクリニック主催のお祭りにご招待頂いたので、
これが3度めの参加になるのかな? 行ってきました。


こちらのクリニックはこじんまりしているのですが、建物の2階はデイケア、お隣にグループホームがあり
他に訪問看護、ヘルパーステーションもあるんです。
地域福祉、医療を支える大切な場所です。

お祭りの方は、昨年あたりからレベルがグンと上がってきました(なんて招待されておいて偉そうに)
ここだけの話ですが、福祉施設のイベントの出し物って当たり外れが大きいのです。
職員さんだけの企画では限界がありますしね。
プロの方がボランティアとして参加されたり、
一般の方でも日頃から練習を積み、かなりレベルの高い芸を披露してくれる時もあります。
そういう場合はタダで見るのは申し訳ないぐらい、素晴らしいものになります。

そうでない場合は…。

言わぬが花ですね。


今回は、大当たりで、とても楽しい一時を過ごしました。
(楽しくない一時もありましたが、それは後述)

我々は一番前の席へ案内されました。手引歩行や、車いすの方が多いので席順はあらかじめ決まってました。

KIMG138502.png


主人「あのねーちゃん、なんかおかしくない?」
KIMG138501.png
ま、まあね。どうみても立派な男性ですからね。
(司会のお二人は仮装で登場だったのです)

奥の女性は付け髭をつけてお腹にタオルを入れて男装してました。
主人とツーショットの写真を撮りたかったなぁ~
KIMG138503.png

で、出し物は『南京玉すだれ』と『腹話術』。
玉すだれは手拍子必須だったので写真は撮れず。
地元のサークルの方が元気いっぱい演じてらっしゃいました。

続いて腹話術。
日本腹話術師協会の会長さん、『ターキー・池田』さんと『アンディー』さんが登場。

腹話術のスキルももちろんですが、相棒のきたろうくんと巧みな話術で場を盛り上げます。
KIMG138504.png

アンディーさんの相棒は元気なお婆さんのフジコさん。
KIMG138505.png
高齢者の交通安全について楽しくお話してくれました。ためになるねぇ♪
それに、アンディーさんとても声がきれいで滑舌が良くて素敵でした。


玉すだれも、腹話術も(と一緒にするのはどうかと思いますが)
手と口を同時に動かすので脳を活性化する効果抜群なんじゃないでしょうか。


続いて職員さんが『マツケンサンバ』を踊ります。
KIMG138507.png

主人も手作りの(鈴?筒のなかに鈴が入ってました)を持たされて一生懸命振ってましたよ。
KIMG138506.png
こちらも日頃デイサービスの音楽療法では打楽器担当ですから、すっかり慣れた様子でした(笑)




という訳で、とても楽しかったのです。

で、楽しくなかったことは…。


お祭りでは、焼きそばやかき氷など軽食の提供がありまして、
今年は主人も白玉ぜんざい(アイスのせ)に挑戦したのですが、

これが、もうメッタメタにダメダメで…。


やっぱり慣れない場所で、知らない人に囲まれるとダメですね。


練習してきた空嚥下も全く機能せず、ず~~っとよだれダラッダラ。
いつもよだれをぬぐうための手ぬぐいを持ち歩いてますが、
2枚ともグチャグチャにして帰ってきました。




はぁ…。

落ち込みました。

ま、まぁいいさ、ちゃんとむせて、肺炎にもならなかったし…。



家に戻って食べた時は大きな問題はなかったので、やっぱり集中力なんでしょうね。

来年こそは、おいしいぜんざい食べようね!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する