かあくん今日もがんばる



朝の歯磨きを見守るかあくん。


人によっては馬鹿馬鹿しいと思われる方もいると思います。

でも、時に一方的になりがちな介護者と被介護者の人間関係を
2014093001.png

絶対的中立の存在があることで、少し和らげてくれる場合があるんです。
2014093002.png

人間だと『絶対的中立』というのは難しいですが、
かあくんのような存在は、それが可能です。


この時も
「ほらお父さん、ちゃんと磨いてる?同じとこばかり磨いてもしょうがないのよ」
と口うるさく言うより、
「かあくん、お父さん頑張って歯磨きしてるわね。応援してあげようね」
と言う方が、主人も気持ちよく意識を歯磨きに向けてくれるのです。


私はかあくんにお説教はさせません。
私が悪者になり、それをかあくんがフォローするような感じで主人に働きかけてます。


そうすると、主人も逃げ道ができます。


いつもいつも優しい顔をしていられない在宅介護の場で、
本当にありがたい存在です。

何も知らない人が見たら、すごく奇妙な光景だと思いますけどね(汗)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する