人の縁が胸にしみる

台風19号の被害が心配されましたが、会社の後輩の結婚式当日は時々青空がのぞく、まずまずのお天気でした。

何年かぶりに招かれた結婚式でしたので、何とか出席しようと事前に一生懸命準備して、楽しみにしていたのですが、
なんと前日に私の不注意から主人にケガをさせてしまい、とても無理だと諦めていました。

でも、主人の不屈の根性と思いやりと、そして周囲の皆さんのサポートを頂き、出席することできました。
感謝の気持ちはとても言葉にできません。


そして結婚式も、深い友情と愛情と、笑い声に満たされた、素晴らしいものでした。


神田明神にてしめやかに執り行われた神前結婚式。
KIMG164907.png
ご親族だけでなく、参列者も神殿の前に入ることができました。
おごそかで、美しい式でしたが、背後からお賽銭が投げ込まれる音がひっきりなしに聞こえて(笑)
神様もお忙しいだろうなぁ…なんて思いました。

テレビでしか見たことなかったんですが、雅楽の調べに導かれ
KIMG16540101.png
巫女さんに先導されて、しずしずと進む新郎新婦。
KIMG164908.png

ご本人はもちろん、ご両親の喜びはひとしおだったでしょうね。


続きはこちらから






私は予定どおり、着物で参列。
会場の近くのホテルで着物を着つけて頂きました。
とても上手に着つけて頂き、動きが楽で全く苦しくないので助かりました!

背に一つ紋を入れた色無地です。色は『瓶覗(かめのぞき)』。
KIMG164201.png

帯は母の形見のもので、手入れもせず押入れの天袋に放り込んであったものです。
ぺちゃんこだしシワがついて、でもせっかくだからと思って着付師さんに相談すると
「あらぁ!それは絶対に締めていかれると良いですよ。お母様も喜びます」
と言ってくださり、私もほっとしました。
KIMG164202.png

最後に写真を撮って頂きながら、姿勢を直してもらいました。

「肩に力が入ってますよ、もっとリラックスしてね」
「は、はい…」
「足は少しつま先をつけてね、鼻緒に重心をかけるように歩いて下さい」
「は、はい…」


いや~、それにしても着物ってこんなに歩幅が狭くなるんですね!
昔の女性は本当にこれで歩きまわったんでしょうか。


さて、厳かな挙式の後は、披露宴。
これがまた、久しぶりにみた典型的な体育会系のノリで、
若いっていいですね~~♪

式が始まって30分もたたないうちに、新郎および新郎の友人たちは完全に出来上がっておりました。

わっしょい!わっしょい!
KIMG164904.png
(胴上げされているのは新郎です)

同僚が余興で手品をしてくれましたが、これも異常に盛り上がってました。良かったね…。
KIMG164905.png

お食事もおいしかったです。
KIMG164903.png

そして花嫁さんがご両親へ感謝のお手紙を読んで…。
KIMG164901.png

文字通り、涙あり笑いありの素晴らしいお式でした。
若い人たちはお酒が入って若干(かなり?)ハメを外してましたが、
それがいやらしくない、さわやかな(?)大騒ぎで、何よりも
二人を祝福する気持ちが弾けたうえの盛り上がりなのが分かりましたから…。
新郎側のスピーチで友人代表が男泣きしてるのは初めて見ました(笑)。

おめでとう。どうか末永くお幸せに…。



家に戻ってきたのは20時前でしたが、
いつも17時に会社を出て、18時半には家にいて、その後ほとんど外出しない生活を2年近く送っていますので、
19時を過ぎた頃にはすでに真夜中のような気分になりました。

主人は朝デイサービスに行ってもらい、帰ってからはヘルパーさんと弟が介助に入ってくれました。
そして往診のU先生が朝晩往診にきて怪我の様子を診てくださって、本当に助かりました。

ここまでサポートして頂けるなんて、私はなんて恵まれているんだろう。

さあ、明日からまたがんばろう。


たくさんコメント頂いてありがとうございます。
皆さんにも心から感謝しております。
お返事が滞っていて申し訳ありません。

10月のイベントはあと2つ。
これが終われば一段落、我が家はふゆごもりです。
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/10/13 (Mon) 14:51
    みのねこ #- - URL
    瓶覗色無地姿、綺麗です

    お着物の後姿、スッキリと美しいですね。

    帯も瓶覗に色合わせたかのように馴染んで綺麗です。
    きっとお母様も喜んでおられると思います。

    mikomona様の髪型、大正浪漫の「耳隠し」の雰囲気があります(´▽`*)。

    結婚式披露宴は新郎新婦の喜ばしい門出ですが、見守り送り出す側にとっても想い深いものですよね。

  • 2014/10/14 (Tue) 03:41
    あんぱん父さん #- - URL

    「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

    ・・・・・・・・・・・実践してます ! ですね。

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する