実りの秋を楽しんできました

10月のメインイベントが無事終わりました。

リハビリ病棟で知り合ったAさんご夫妻と一緒に、再び河口湖の富士レークホテルに泊まってきました。
前回の記事

主人は2009年12月から2010年4月までリハビリ入院していましたが、ちょうど同じ時期に片麻痺、失語症のリハビリのためAさんも入院されていたのです。
2人は年齢が近く、リハビリ内容が同じでよく同じ時間に同じ部屋で顔を合わせる事もあり、
私もAさんの奥様もほぼ毎日お見舞いに行ってた事からだんだん仲良くなって、
退院しても奥さん同士がメールや電話で時折連絡を取り合ってきたのです。

こうして4人で泊まりがけの旅行に行けるなんて、当時は想像もしていませんでした。
KIMG175102.jpg


※今回の旅行は、そういう訳でほとんど写真がありません。


2週連続台風がきてどうなるかと思いましたが、幸いお天気に恵まれました。
ぼちぼちと紅葉が始まっており、ただ景色を眺めながら散歩するだけでも楽しいものでした。
KIMG174301.jpg

6月には満開だった野バラも
DSCF143006.jpg

小さな赤い実(ローズヒップ)をいっぱいつけていましたよ。
KIMG174001.jpg

朝、食堂から眺める河口湖の美しい姿。
KIMG173602.jpg

うーん、とろみつきの紅茶がうまいぜ…。
KIMG173701.jpg




主人はいざAさんと再会した当初はすごく人見知りして、表情も固く、打ち解けなかったのですが、
一緒に貸し切り風呂へ入った後はだんだん調子を取り戻し、
笑顔と身振り手振りでコミュニケーションをとりながら楽しそうにしてました。

ちなみにお部屋は前回と同じです。
夕食は4人で個室で頂きました。
『量は少な目、質重視』のコースでしたが、お腹いっぱい。
松茸の土瓶蒸しや松茸ご飯など季節のご馳走が出ておいしかったです。
主人も、まだ少し残る緊張と、慣れない食材・食形態のため、むせながらも最後まで頑張りました。
(実はお昼は、談合坂で食べたのですが集中力が全くなく全然ダメでした)

翌日、別行動のAさんと別れて、再び談合坂で休憩。
日差しはぽかぽか、空気は澄んで気持よく、のんびりと過ごしました。

こういう日の談合坂(上り)は外で過ごすのが一番気持ち良いんですよ。
それに雑音や人混みに弱い主人にとって、混雑したサービスエリアの食堂は鬼門です。

明るい日差しのなか、スターバックスの紅茶とチーズケーキを頂きました。
KIMG175901.jpg

ヘリポートがあるんだねぇ。
KIMG175601.jpg




ところで、今回初めて気づきましたが、藤野市のあたりを走っていたら


「んっ???」
KIMG176101.jpg

「えっ???」
KIMG176103.jpg

「巨大なラブレター??????」
KIMG176102.jpg

正体はこちら
なんでも藤野には『藤野ふるさと芸術村構想』の一環で、いろいろな野外オブジェがあるらしいですよ。
平成元年作とのことで、四半世紀もたってるんですね。
これまで一度も気が付きませんでした…。



10月のイベントは残り1つ。といっても胃ろうの交換なので特に感動はありませんが。

それにしても旅行は…いいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/10/19 (Sun) 23:16
    ルッコラ #- - URL

    秋の河口湖 いいですね。数年前に河口湖マラソンに参加したとき、たしかこちらのホテルにお世話になりました。すごく緊張して夜寝られなかったことと、完走した後入った温泉がとても気持ちが良かったことを覚えています。我が家も年末に一度家族旅行と思っているのですが、途中で気に入らなくて「帰る!」っていったらどうしようとかまだちょっと迷い中です。あともう一つのイベントもうまくいきますように!

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する