紙おむつから簡易湯たんぽを作りました

いくら低温やけどの危険があっても、主人の冷えた足をそのままにはできません。
これからどんどん寒くなっていきますしね。

ホットタオル(濡らしたタオルをビニール袋に入れてレンジで温める)は柔らかくて熱くなりすぎないのが良いのですが、
一方冷えるのも早いので夜中に取り替えるのが面倒でした。
そこで、レンジで温める湯たんぽを買おうかなとネットで探していたら、なんと紙おむつに使われている吸水ポリマーで自作できるという願ってもない情報を発見!

しかもポリマーは吸水性はもちろん保温性に優れているので、ホットタオルに比べて冷めにくいんだそうです。

ポリマーが使われていれば、赤ちゃん用のオムツでもペットシーツでもOKだと思います。
でも大きさを考えたら尿取りパッドがちょうど良いかもしれません。



材料は家にあるものばかり♪さっそくやってみよう!

材料 ジップロックのMサイズ3個分
 ☆尿取りパッド 普通サイズ1枚 吸水ポリマーが入ってれば何でも良いのです
 ☆ジップロック3枚(冷凍もできるタイプだと、夏は氷枕になります)
 ☆水道水 適量

 ★新聞紙などがあれば広げて敷いて、その上で作業した方が良いです。
KIMG183601.jpg


パッドを3つに切り分けます。適当でOKです。
KIMG183702.jpg


表面のシートを剥がします。
KIMG183803.jpg
この時、ポリマーの小さなつぶつぶや、ほこりが飛び散りますので注意です。

飛び散りました(笑)
KIMG184004.jpg

コロコロで取りました
KIMG184105.jpg

中の綿のようなポリマーだけをジップロックに入れます。
KIMG184205.jpg

そうしたら水を入れます。
この尿取りパッドで800mlぐらいは吸水できます(実験済み)ので、1個につき200mlぐらい(ちょっと多いかな?と思うぐらい)入れても大丈夫です。
KIMG184306.jpg

しばらくすると水気がなくなって、ポリマーが透明になってきます。
KIMG184407.jpg

空気を抜いてぴっちり封をします。
これでできあがり!

実際に使う時はレンジで数十秒加熱します。
加熱時間はポリマーの量、水分量、レンジの性能によって違ってきますので
もしご自分で試して見る場合は、必ず短時間ずつ加熱して様子を見てくださいね。

うちは600wで30秒、様子をみてもう20秒加熱、それをタオルでくるんでちょうど良い熱さです。
つまり、素手で掴むとかなり熱いです。
特にポリマーが少ない部分は相当熱くなりますので、取り出す時にはくれぐれも火傷しないよう気をつけてください。


で、自分のお腹で試してみたところ、確かにホットタオルより長持ちですが、
湯たんぽよりは冷めやすいですね。
ポリマーの量が多ければもっと長持ちするかな?でも重たくなるので嫌だなぁ。
この量だと、主人が寝る時に入れて、私が寝る時(1~2時間後)に再加熱して、という感じですね。

主人の足には、念のためタオルケットの上から当ててます。
温まるまで時間はかかりますが、仕方ないと思ってます。

週末はタオルで湯たんぽカバーをざくざく縫って、冬に備えることにしましょうかね。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する