低温やけど だいぶ治ってきました

低温やけどの受傷から約1ヶ月たちました。
昨日、往診時にU先生がデュオアクティブ(保護剤)をはがして診てくれました。
先週貼った保護剤は浸潤液が徐々にたまってオプサイト(透過性フィルム)から流れ出そうでしたが、これはまだ皮がはってないところから出てくるだけで問題ないとのことです。

「だいぶ小さくなってますよ」

確かに、前回皮を取り除いたばかりの痛々しい傷跡が一回り小さくなり
全体的にうっすら皮が張ってきたのがわかります。

あと2週間ぐらいで上皮化が終わりそうな感じです。良かった~~~。


その後インフルエンザの予防接種もしてもらいました。


来週は採血、尿も採れたら採る、とのこと。


先日作った『ポリマー湯たんぽ』は大変使い勝手が良く、主人の氷のような足もぽかぽかに温まってます。
うちはもう猫のためにオイルヒーターを入れっぱなしにしてあるので、使わない時はここに乗せて温めてます。
使う時にレンジで20秒ほど加熱し、タオル等でくるめばOK。
もっと早く作ってあげれば良かったと思います。


主人は元気ですが、先週末から副鼻腔炎のような症状(後鼻漏による痰づまり、口臭、覚醒レベルの低下)が出てました。
粘りの強い鼻水がのどにへばりつき、吸引してもスッキリ取れません。
これまで問題なく飲めていた紅茶も2日連続で鼻から吹く始末。

こういう時は素直に胃ろうを使えば良いのですが、食べる意欲があり、座位が取れるなら少しでも食べて欲しいものです。
久しぶりにみっちり食介したら疲れました…。

まだ夕方に口臭が出ますが、痰はだいぶ良くなって、昨夜の夕食はなんとか完食。
食後に焼き芋も食べられました。
不思議なのは、柔らかく煮た野菜はむせるのに、私でも少し固いなぁと思う鶏胸肉は全然むせないこと。
なんでだ!

と食べるところをよ~~く見ていたら、柔らかいものはあまり噛んでないのに気づきました。
さっそく良く噛むように声掛けし、ぐっと嚥下がよくなりました。
なんなんだ…。

と、ボヤきながら毎日過ごしております。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する