自分で育てた金柑を味見してみました

うちに金柑の鉢(大実金柑という品種)が来たのは、確か3年前の冬だと思います。

主人が欲しいと言ったので、駅前の花屋さんから車いすの背中にぶら下げて帰ってきた記憶があります。
で、その子はげたろう(アゲハの幼虫)にやられ、枯れたら大変だと重い、慌ててネットで1鉢追加しました。

でも結局げたろうはさなぎになる寸前で行方不明、瀕死の1鉢目も息を吹き返したのでした。

KIMG193601.jpg

今年は春先にハダニにやられまくりましたが、その後は順調に育ち、
素晴らしい香りの白い花をたくさんつけ、けっこういい感じに実りました。
気がついたらさっそくヒヨドリが一つ味見してましたよ…。
うーん、全部鳥にやるのも悔しいから一つだけ食べてみようかな。

一番最初に色づいたやつ。大きな傷がありますが、そんなの気にしない。
KIMG193605.jpg

うーん、柑橘のいい香り!
KIMG193606.jpg

よ~く洗って…。

いただきまーす!

もぐもぐ…。

KIMG193604.jpg


うん…。

おおっ、皮が甘い!
(金柑だから当たり前)

そして果肉が酸っぱ!うっ!


……。

私はフードレポーターにはなれないなぁ…。


いや、想像以上に普通においしい金柑でした。

ま、まあこれならヒヨドリも喜んで食べてくれるんじゃないでしょうか。

もうすぐ他の実も色づきそうです。
KIMG193602.jpg
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する