『待ち』 を楽しむ

在宅介護をして、いろいろな訪問系のサービスを利用していると、
『待ち』の時間が多くなります。
主人の場合は一人で放置できないので、『見守り』の時間も長く、
休みの日に家にいると、日中はほとんど『待ち』と『見守り』をしながら、合間に家事をして、ダッシュで近所のお店に買い物行って、それで潰れます。


今日も、午前中はPTリハ、午後は訪問看護、それに訪問歯科がありました。

これではどこへも出かけられないので、ずっと台所に立って…。

パンを焼いたり


写真はないですが、じゃがいもを蒸してマッシュポテトを作ったり、
ご飯をたくさん炊いておにぎり握って冷凍したり、

ぶり大根を作ったり
KIMG208702.jpg
ぶりのアラの下ごしらえにたっぷり手間をかけたので、臭みがなく、ものすご~~くおいしくできました。
あ、たっぷりといっても、レシピ通りなんですけどね…めんどくさかった…。
時間がないときは切り身で作ろうっと。


なる猫さんとふれ合ったり
KIMG209101.jpg

トマトソースも作りました。
KIMG208703.jpg
トマト缶をただ煮詰めるだけなんですが、やたら時間がかかるのでこういう日にしか作れないのですよね。

しかし、お昼ごはんはコンビニご飯だったりします(笑)

夕飯はぶり大根にポテサラ、夏の名残の(冷凍庫の底に隠れていた)冷凍とうもろこし入りオムレツを焼きました。
黄色い卵に黄色いとうもろこし、そして黄色いチーズを挟んで、黄色づくし。
上にケチャップをのせるとすごく映えます。

そういえば夏にはしょっちゅうとうもろこしを蒸したっけなぁ。
あっという間に12月か…。


どうやら無事に年越しを迎えられそうな主人。
いろいろあったけど発症から5年を過ぎ、こうして一緒に家で生活できる日々は何にも代えがたいものだと
しみじみ思います。

訪問系サービスの『待ち』はちょっとしんどい時もあるけど、今の主人には無くてはならないものでもあります。
だから、せいぜい自分なりの楽しみをみつけて…。
こうやって日一日乗り切っていくんだろうな。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する