我が家なりの年越し

東京は穏やかな冬晴れの大晦日でしたね。

朝食後、久しぶりに家で私が排泄ケアをしてからお出かけしました。
『筋膜グリッピング療法』をしている整骨院で、固まった筋肉をほぐしてもらいました。
とても気持ちよさそうでした。
今回は、特に足首が固いと言われました。
うーん、足首まで気をつけて見てあげる人いないからなぁ…。

「手首、足首を毎日ほぐすと、肘、膝、肩への負担が減りますよ」
だそうです。

ちょっとやってみようかな。

帰りにあちこち寄ってお買い物をしました。

いつもの八百屋さんのご主人ともご挨拶ができて、良かった。
実はご主人、10日前に自転車と衝突して救急車で搬送されたのですが、
年末に店を閉めるのはお客さんに申し訳ないと、無理やり退院し、痛む身体でお店を開けていたのです。
「年明けは7日から開けるからね」
「無理しないで、ゆっくり休んでくださいよ」
「もう大丈夫。だんだん身体が楽になってきたよ」
御年78歳、長年この小さな商店街で、夫婦二人三脚でお店を続けてきたご主人。
あとどのくらい続けてもらえるか分かりませんが、お店のことより、健康第一でいてほしいものです。

主人が指をさしてみかんを欲しがったので、
「みかんはまだ家にあるのよ。…じゃあ、これ買っていく?」
と、とっさに大玉の柑橘を手に取りました。
1個400円だって!でも、600円の大袋のみかんを買わされるよりいいか。
「ね、これにしましょうか」
「あ、それは『紅まどんな』って言って、すごくおいしいんだよ。ちょうど3個残ってるから、1000円でどう?」

うっ…。←やぶへび

まぁいいか…。

最後に主人と「良いお年を」と手を振りあって、笑顔でお別れ。
魚屋さんにも寄って、まぐろの中落ちといくらを買って帰りました。


家に戻って軽くご飯を食べて、主人はすぐに眠ってしまいました。
私も疲れ果ててしまい、もうお掃除は諦めて寝ました。

1時間半後、電話で起こされました。
弟からで、夜雨の予報が出たから今日は行かないとのこと。
えっ、雨?そうなんだ。

弟が来ないなら、もっと寝よーっと。(おいおい)

結局18時近くまでゴロゴロ寝てしまい、だらだらと夕食の支度を開始しました。
と言っても、すき焼き鍋風煮物なので簡単なのですよ。

大晦日の夕食
鮪の中落ち
すき焼き鍋風煮物
トマトとアボカド

KIMG224701.jpg

おお、おいし~~い♪中落ち
KIMG224702.jpg
いつもおいしいんですが、さすがに気合入れて仕入れましたね。すっごく柔らかくておいしかったです。

普通すき焼きといえば、濃い味付けにして卵をくぐらせて食べますが、
我家の場合はあっさりした甘めの味付けで、大根おろしをのせました。
(器の奥にも大根おろしが入ってますよ)
それと柚子の皮。やっぱりいい香りですね。
なかみは、ねぎ、キャベツ、まいたけ、えのき、春菊、そして豆腐です。
なーんかすき焼きとは呼べない感じですが…。
KIMG224703.jpg
ちょっと良いお肉を奮発したので、あっさりの中にもお肉の旨味があっておいしかったです。

〆はいくら丼。
KIMG224704.jpg
少なめのごはんだったんですが、むせが激しくて半分しか食べられませんでした。
でも、とてもおいしかったそうです。

私も大盛りでいっただきま~す。
KIMG224705.jpg
最近の大ヒット、大根の皮の浅漬けと一緒に。
これ本当においしいんですよ。
今回は皮を2日ほどざるに乗せて乾かして漬けたんですが、歯ごたえが良くなってさらにおいしかった!
漬け汁は、塩とメープルシロップ、柚子の果汁を各適量加えて、ジップロックに入れてもみもみするだけ。
冷蔵庫で10日ぐらいはもちます。
一度お試しください!


そして食後に、例の『紅まどんな』を頂きました。

あまりのおいしさに写真を撮り忘れました(汗)
爽やかなオレンジに似た香り、さっぱりした甘さ、果肉がプルプルして本当にゼリーみたい。
主人も気に入ってくれて、あっという間に完食でした。

大満足の夕食になりました。
ごちそうさまでした!

うちの周辺は、年越しといってもすごく静かです。
例年、ご近所さんが夜中まで宴会して、少し声が聞こえるぐらいなんですが、
今年は北風が窓を叩く音しか聞こえません。
これでいいのか…?

ちょっと不安を覚えつつ、さあ寝よ寝よ!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する