ドラマ『深夜食堂』

昨日は寒くて、雨模様。
一日家でのんびりしてました。

今は野球も相撲もないので、テレビをつけても面白くないな~とチャンネルを切り替えていたら、
ケーブルテレビで『深夜食堂』をまとめて再放送してました。

本放送は2009年10月だそうで、主人は入院中、私はそれどころじゃなかった時期なので、
ドラマで見るのは初めてです。

私が何気なく見てると主人も集中してきたので、そのままつけてました。

もともとは漫画で、主人もよく買っていた週刊誌『ビッグコミックオリジナル』で連載されてます。
サラリーマンあるあるっぽいですけど、仕事の移動中に駅の売店で週刊誌を買って、そのまま鞄に入れて家に持って帰ったのを家族が読むってやつ。私もそれが結構楽しみだったんです。

懐かしいなぁ。
『華中華』とか『あんドーナツ』とか、妙においしそうな漫画いっぱいあったな~~。


さて、この『深夜食堂』は、
深夜だけ営業する小さな食堂でおこる、様々な人情味あふれるお話し。
それだけでなく、そこで供される様々なご飯のおいしそうなこと!
特別手の込んだ料理は出てきませんが、それがいい!
(定番メニューは豚汁定食だけ、あとは客のオーダーを聞いて、作れるものなら何でも作るというのが営業方針なんです)

ドラマのロケ地は新宿のゴールデン街です。
オープニングで、(多分)タクシーで靖国通りを通っていくので多分そうだろうと思って調べてみたらやっぱりそうでした。
ゴールデン街は花園神社のすぐ近く、主人が若い頃に足繁く通った街なんだそうで、今でも古びた路地に古びた小さな飲み屋さんが並んですます。
渋谷に『のんべい横丁』っていうのがあるんですけど、雰囲気は似てるかな?あれよりもっと広いですね。

一度だけ、主人の青春の足跡をたどってゴールデン街に行った事があります。(昼間にです)
あの店のマダムはあんな人だった、ここには歌のうまい歌手がよく来ていた、なんて話を聞きながら歩きました。
寄席があったのにびっくりしたっけな。

「懐かしい?」
(頷く)
「こういう雰囲気のお店、いいわね。また二人で飲みに行きたいね」
(頷く)
「熱燗なんかキュッとやったりしてさ」
と言いながら、徳利からお酒を注いで、盃を持ち上げるジェスチャーをしました。
(首を横に振る)
「えっ?もうお酒は飲まないの?」
(頷く)
「いいじゃない、たまには一杯ぐらい飲もうよ」
と、私が乾杯する仕草をすると、主人も笑って真似してくれました。

参考までに、これが深夜食堂の舞台、『めしや』です。
深夜食堂

こういうお店にもしも行けたら…。
私ならビールと枝豆、それで串レモンつきのゲソ揚げ。お茶漬けで〆かな。
主人はあまりおつまみを食べない人だったけど、何を頼んだでしょう。
『赤いソーセージ』だったりして(笑)
(作中、赤いタコさんウインナーがでてきます)

「じゃ、もう一杯」
二人でエアお酌して、エア盃を開けました。
久しぶりに二人でくすくす笑いながら…。

そして主人はずっと集中してドラマを見ていました。
(その後疲れ果てて、3時間爆睡してましたが…)


もし、あんな居酒屋が近くにあって、行けたら、行ってみたいなぁ…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する