mikomona家プリン部活動記録 その3

しつこく『朝プリン』続けてます。
活動記録 その1
活動記録 その2

よく飽きないわねと我ながら思いますが、
慣れれば簡単に作れますし、
自分でつくるプリンは意外に飽きないんですよね。
あ、主人はとっくに飽きてるかもしれませんが(汗)
甘い物好きなのでバクバク食べてくれてます。


今日はココア入り。


隣のはうちのカラメルシロップです。
KIMG233903.jpg
プリン部の超強力な助っ人、バタースコッチリケール!

バタースコッチといってもナッツ類と、スコッチウイスキーで作られたリキュールだそうで…。
マリエンホーフというドイツのメーカーのもので、いろんな種類があるんですよ。

この透き通った色合い、甘く濃厚な香り、すっきりした甘さ、すごくおいしいんです。
プリン自体に数滴入れたり、カラメルシロップに加えたりします。
これがあると、ぐんと奥深くまろやかな味になるのですよね~~♪

1本200mlで、3000円オーバーというとんでもないお値段ですが、
その味と香りを知ってしまうと、次はラズベリーを買おうか、いや栗も捨てがたい…と悩んでしまう、そんなお酒です。

いちおうレシピが固まったので、のせてみます。
ほんと~~に簡単でとってもおいしいので、お家でおやつ作ってみようかなという時にいかがでしょう!

mikomona家のプリン
★材料 小さな器に3個ぶん
  ・卵 1個
  ・豆乳 200ml
   ※多分、牛乳でもOKだと思います。多分…。
  ・ラカント 小さじ3
  ・メープルシロップ 小さじ2
   ※お家にある糖類:砂糖や蜂蜜などでOKです。糖類はこれ以上減らすと茶碗蒸しの味になります。
  ・バタースコッチリケール 3滴 なくてもOK

  ・糖類 適量 ※何でもお好きなもので。
  ・水 適量
  ・香りの良いお酒があったら少々


★作り方
  ・ボウルに卵をそっと割り入れます。
  ・糖類を入れて、泡立器で優しく混ぜあわせます。
   優しく軽く混ぜると、泡が立ちにくいです。
  ・ある程度混ざったら豆乳を少しずつ加えます。副材料がある場合はここで入れて下さい。
  ・均一に混ざったら、器に漉し入れます。私は味噌こしのざるを使ってます。
   ※卵白が少し残りますが、無理に漉す必要はありません。
     副材料を入れた場合はきちんと濾してOKです。
  ・蓋付きの鍋で蒸し焼きにします。
   あらかじめ、鍋底にふきんか、キッチンペーパーを敷いて、器の半分ぐらいの高さに水を張り、沸かします。
  ・お湯が沸く間に容器にアルミホイルなどで蓋をしておきます。
  ・お湯がわいたら容器を並べます。
   ※私は無水鍋の21cmを使ってますが、これで3つギリギリ入る大きさです。
  ・鍋に蓋をして弱火に落とします。静かにくつくつ泡が出るぐらいの火加減です。
   ※グラグラはだめ、全然音がしないのもだめです。

  ◎加熱時間がポイント
  ・9分だとトロトロ、10分だとなめらかなプリンになります。
   鍋や火加減によって違うので1度作って加減してみてください。

  ・さつまいもやバナナなど副材料が入った時は7~8分で固まります。
  ・時間になったら火を止め、火傷に気をつけながら火の入り方を確認します。
   軽く揺らしてみて、表面がプルプルと動くぐらいでOKです。
   少し柔らかい?がちょうど良いですよ。
  ・液体が流れ出るのは加熱不足なので、もう一度1~2分弱火で加熱します。

  ・15分ぐらいで粗熱が取れると思います。そうしたらカラメルをかけて頂きます。
  ・冷蔵庫で冷やせばもっと固くなり、プリンらしくなります。

  ・カラメルは鍋に水と糖類を入れて沸騰させて作ります。焦げ付かせないように、お好きな濃さに煮詰めてください。
 

次回はごまのプリンなんか作ってみたいですね~。
(黒ごまたっぷりは苦手なので白ごまあっさりで!)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する