まさに怪我の功名:セブンイレブンの防水絆創膏が素晴らしい

小さな生傷は毎度のこと、さらに毎年一度は指に大きな怪我をするのも年中行事です。
昨日、会社で果物ナイフを左の親指の付け根に当ててがっつり切ってしまいました。

すぐに水洗いし、ティッシュで覆って強く押さえて止血しました。
手持ちの絆創膏がなかったので、買いに行きたかったのですが、とりあえず血を止めないと。
そこで血が止まる間、傷を押さえながらお弁当を食べてました(笑)
食べ終わってティッシュをはがしてみると、2cmほどの傷のほとんどはくっついてます。
真新しいナイフだったのが良かったのでしょうね。
いや、新しいナイフだから切れたんだけど。

しかし傷の片端は皮膚が裂けてますので、いつもの『湿潤療法』で手当が必要です。

会社が入ってるビルの下にセブンイレブンがあるので、とりあえず絆創膏を買いに出ました。

そこでこの『救急バン(防水)』を見つけて購入。
(というかこれしかなかった)
KIMG255801.jpg
製造元は阿蘇製薬だそうです。

皮膚との接着部は透明でパッドは白いので、目立たないようで目立ちます(笑)
KIMG255803.jpg

市販の絆創膏にはもともと全然期待してませんでした。
すぐはがれてしまいますので。

ところがこの救急バン、接着面がけっこうしっかりした透水性フィルムで、
防水効果が高いのです。

家に帰って貼り替えて12時間以上経過した様子です。

当初よりもくっつきが甘く感じますし、はじがめくれてきてますが、
肝心のパッド部分には浸水せず、きちんとくっついてます。
KIMG255806.jpg
KIMG255807.jpg
KIMG255805.jpg

散々水仕事して、主人のケアをして、一晩寝てもまだこんなにしっかりくっついてるなんて!
20枚入り300円、コンビニで買える絆創膏で、この性能の高さは素晴らしいです!

とはいえ、貼りっぱなしはいかんので、交換しましょう。
水がしみるのはイヤなので、オプサイトを小さく切って貼り…。
KIMG255804.jpg

その上から絆創膏を貼りました。
KIMG255802.jpg



ちなみにこういう透水性フィルムを皮膚に貼る時のコツは、
1にも2にも皺を作らないように、皮膚の皺も伸ばすようにしながら貼ることです。

指先や関節の部分は難しいですが、今回は割と平らな部分で助かりました。

オプサイトの方が自由に切ったりできて便利なんですが、
朝貼ったら夕方には四隅から剥がれますから、こういう丈夫な絆創膏があるとすごく助かります。

セブンイレブンはやっぱりすごいな~~。と感心したお話でした。

おまけ
セブンプレミアムではこういうパッケージになってます(多分中身は同じです)
不意にケガした時にはお勧めです!
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する