めんはめんでも ふし がある

主人も私も麺類は好きです。

が、嚥下障害にとって麺は難易度高し。

まず、すするのが大変。
咀嚼しても食塊を作りにくい。
そして粘度が低いので
飲み込む時のスピードが早いのも問題です。

つまり、麺の一番おいしいい食べ方
長い麺をずずっとすすり、
歯ごたえ(もちもち、シコシコ)を楽しみ、
そしてつるつるっと喉を通る、そういう食べ方ができないのです。

それじゃ麺を食べる意味が無いじゃん…とか突っ込まないでください(笑)


今のところ、食べられる麺類といえば
マカロニと、冷やし中華です。

マカロニはともかく、冷やし中華は麺を5cm程度に切って、薄めて濃いとろみをつけた汁をからめて食べるので、
あんまりおいしくない食べ方ですよね。

だいたい茹でた麺を一律の長さに切るのは面倒です。
(骨の髄までものぐさ人間)

ところで先日、主人の故郷、徳島お取り寄せシリーズをやった時に、
こんなものを見つけました。

KIMG264501.jpg

ふしめん。

こんな形をしてます。
KIMG264502.jpg


みなさん、ご存じでしたか?

節麺(ふしめん)は、手延べ麺(うどん・素麺・冷麦など)を作る際に出来る副産物で、棒で伸ばしてから、吊して乾燥する時に棒にかかっていた曲線部分を、乾燥後に切り分けたもの。Wikipediaより

麺をを作る過程で、ひも状にした生地を2本の棒に引っ掛けて細く延ばしていきますよね?
その、棒にかかる部分の麺です。
製品化の過程で切り落としてしまうので、普段見ることはありませんよね。

麺作りが盛んな地域では、スーパーでも普通に売られているんですって。

徳島では『半田そうめん』という独特な麺があります。
普通のそうめんよりちょっと太い、コシの強い麺です。
この、ふしじゃない半田そうめんは、関東でもスーパーなどで結構手軽に手に入ります。
こちらでもお好きな方がいらっしゃるのでしょうね。



で、普通の麺は買うつもりは全然なく、ただ何気なく通販サイトの画像を眺めていたら、ふっと思いついたんです。


このふしめんって、麺をすすれない人(主人)でも食べやすいんじゃないかって。
箸に引っ掛けやすそうだし。


さっそくやってみよう!


ちなみに地元徳島では、汁ものに入れて頂くそうですが、
ショートパスタのようにサラダやグラタンに入れてもおいしいそうです。

まずはサラダにしてみました。
オニオンスライスと塩もみのきゅうりに、柔らかく茹でたふしめん。
水切りした豆腐とマヨネーズを半々ずつ合わせて、これで和えます。

なるほど、つるつるっとしておいしい!
春雨サラダにちょっとだけ似てるかな?
マカロニよりふしめんの方が柔らかく茹で上がるので、食べやすいみたい。

主人も上手に箸で食べてます。


ちなみに麺は余熱で茹でられるんですよ。
最初の1分だけ沸騰させたら、後は蓋をして火を止めてOK。湯で時間も普通でOK(無水鍋の場合はですが)です。
吹きこぼれる心配もありませんし、少々時間が過ぎても茹で過ぎになりません。
『省エネ』『放置』が好きな私にぴったり(笑)
※お手持ちの鍋によって茹で加減が違うので、何度か試してみると良いと思います。


休日のお昼ごはんには、パスタにして食べてみました。
KIMG265701.jpg
十分に茹でたふし麺は、軽くうねって、すくいやすそう。

粉チーズをたっぷりふって…。
おいしい~~♪

主人のを少し食べてみた感じ、マカロニよりも柔らかく、くせがないのでいろんなソースに合いそうです。
おしるこに入れてた動画を見ましたが、うん、甘いのも全然OK。

あ、すいません、私は温かくして食べる麺が柔らかいのには我慢ならない体質なので、
普通のスパゲティを固めに茹でて頂きました。

欠点は、茹で加減が難しいところでしょうかね。
太い部分に合わせると細い方は茹で過ぎになるし、
逆にすると太い部分に火が通りきってないので…。

パスタのように温かい料理なら、ソースに絡めている間にちょうど良い茹で加減になりますが、
冷たい料理の場合は細い部分がやわらかすぎるのかも(主人にはそれが良いですけどね)

これで主人が食べられる麺が増えて嬉しいです。
休日のお昼のバリエーションが少なくて困っていたんですよね。
(ホットケーキ、コンビニの肉まんかエビグラタンのローテーション)
私も麺を切りそろえる仕事から開放されました~~♪
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する