ミニバラの4年間を振り返る

東日本大震災から4年が過ぎました。

主人の腫瘍が再発し、治療、リハビリと長い入院を終えて家に戻ってきてもうすぐ4年。
(4月半ばの退院でした)

4年のあいだに、もも猫、みんみん猫が相次いで虹の橋を渡りました。

知っている人だけでも、3名の方が癌で亡くなりました。
(念のため、発症は震災前です。福島の事故と因果関係はありません)

4年というのは、それだけ長い年月なのだと思いました。


今もあの震災の事はテレビやネットで毎日目にしますが、
私はといえば自分のことで精一杯、実際被災された方々のためには何もしてないよなぁ…と
うつむくしかない日々です。



今年も、狭いベランダに春がきました。

そういえばミニバラも今年で5年目。

昔の写真残ってるかな?

ありました。2010年5月、確か母の日あたりに買ってきたんですよね。
CA3A018301.jpg
この時が一番立派だったことに、軽くショックを覚えています(笑)

買ってきた翌年のミニバラ(2011年)です。
とりあえず家にあった鉢に植え替えて、剪定したもの。
CA3A040201.jpg
明らかに枝ぶりが貧弱になってます…。


その翌年(2012年)。

もう一鉢増えてますね。

枝が木質化してるのが分かります。
KIMG026603.jpg

さらにその翌年(2013年)の様子。
前年、結構頑張ったのか、いい感じで成長しているように思えます。
KIMG064303.jpg

子分の方も順調。
KIMG064302.jpg
だいぶ大きくなりましたね。


うちのミニバラが美しいのはここから5月にかけて咲く一番花の頃までで、
その後ジバチの幼虫、ハダニ、アブラムシの来襲、梅雨にはうどんこ病、真夏は水切れさせたりと、試練が続きます。
断続的に花はさくものの、どんどん小さくなり、秋を待たずに黄色く枯れた葉がうら寂しい姿に…。

それでも、一冬過ごすとまた新しい葉をどんどん出してくるのですから、
つくづく、たくましい植物です。


2014年4月はこんな感じでした。
KIMG064301.jpg
2012年に白い鉢だった方の子分のミニバラ(この写真の左)は順調に株が成長していますが、
右の親分のミニバラは鉢の形がバラに合ってない(直径の割に高さがない)ため、根腐れで弱ってしまいました。
さらにこの写真を撮った後、親分をうっかり落としてひっくり返してしまいました…。
慌てて植え直したものの、結局元気を取り戻せなかったので、

夏前に、スリット鉢に2つとも植え替え、有機肥料を切らさないようかなり気をつけて管理しました。

で、今年は…。

こっちは親分です。(ひどい呼び方)
2月末で、植え替えが終わってすぐ、芽が動き出してます。
KIMG264004.jpg
枝も随分太く、しっかり成長しましたね。

約2週間後。
KIMG26407.jpg
つやつやして丸い葉っぱが続々と展開してきました。

こちらは子分。
高い密度でびっしりと葉がついてます。
KIMG264006.jpg



こちらは去年買ったオーバーナイトセンセーション。
KIMG264005.jpg
今のところまだうどんこ病は出てないですが、どうかしらねぇ…。

できれば今年も薬を使わず、有機肥料だけで育てたいと思ってます。
そこで、この場を借りて告知します!
益虫さん(カマキリ、てんとう虫など)、絶賛募集中!ご飯食べ放題よ!

……いや、虫はブログ見ないから…。

うーん、本当に害虫はくるのに益虫はあんまりこないんですよね~。
今年もDr.キリ子(カマキリのこと)が来るといいなぁ~。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する