眉食が焼けました

前回ひどいパン(角食パンのつもり)
KIMG276100.jpg
を焼いてしまいましたが、
『失敗は最初のうちにたくさんやってしまった方がいい』
という凝りない性格な鬼嫁、さっそく第2弾に挑戦しました。

そして撃沈(笑)

あ、失敗の内容は全く同じです。
オーブンに入れてから全く膨らまない。
でも、食べてみるとパンになってて、普通に食べられる。

というか、うまい。(自作なんでバイアスかかってます)

コールドスタートの有無は関係なかったじゃないか…。
うーん、オーブンのせいじゃないのかな。
(自分の腕はおいといて)
レシピに膨らまない原因があるんじゃない?

なになに…。

・国産小麦は外国産に比べて膨らみにくい
・水分をすべて豆乳にすると膨らみにくい
・油分をオリーブオイルにすると膨らみにくい
・糖分を黒糖にするとダレやすい

あっ!

全部当てはまった人


そうか、そうだったのか~~。
(いつもの悪い癖でレシピを勝手に変えてた)

結局悪いのは私だったのです。ちゃんちゃん。


でも、レシピが悪いならまだ救いはあります。

第3弾は、ネットで見つけたとっても素敵なレシピを「参考に」作ってみました。

『パン・ド・ミ』というパンです。
いわゆる食パンよりも皮がパリっとして、中身はもっちり、砂糖ではなく粉の甘みが出ていて、
トーストするとサクサクのパン。

私が食べるパンは、いつも全粒粉を3割ほど入れるパンなので
こういう『白パン』を作るのは久しぶりです。

材料
・強力粉(春よ恋100) 140g
・フランスパン専用粉(E65) 130g
・ドライイースト 1.8g
・塩 5.5g
・黒糖 2.8g
・水 185g

本当は小麦粉の種類も違うし、モルトを使ってるので、そこは私なりに変えました。
『ないものはあるものでごまかしたい』という折れ曲がった根性なもので…。

でも、私のパンはそんなレベルなんです。
家にある材料で、そこそこおいしいパンが焼きたい。
オシャレなパンが食べたければお店に行って買えばいいんですもの。
幸い勤務先の渋谷にはヴィロン、ゴントラン シェリエ、パン・オ・トラディショネルと私の大好きな、最高においしいパン屋さんがありますし。
あ~思い出しただけでヴィロンのレトロドール、ゴンちゃんのヴィエノワ(パン・オ・ショコラにもかぶりつきたい)、パン・オ・トラディショネルのハチミツとリンゴのパンが食べたいぞ~~!!


………。

あ~~~幸せ~~。


はっ、いかんいかん、あっという間に夢の世界へ行ってしまいました。

さ、ではパンを焼いていきますよ!

うちはこねない生地を冷蔵庫で一次発酵させるので、
二次発酵にはすんごい時間がかかるようです。

土鍋や無水鍋で焼いていた時はあんまり考えず、2倍ぐらいに膨らんだかな~と目分量でみて焼いてましたけど、
こういう型を使うとしっかり発酵させないとすぐ分かっちゃいますね(汗)
ごまかしが効かないってこういうことですか。

今回は素直に電気代を使ってオーブンで温めながら発酵。

レシピでは35℃、60分でしたが、やっぱり2時間近くかかりました。

何とか型の上ギリギリまで膨らみました。
DSCN082601.jpg
相変わらず分割がいい加減です…。

DSCN082602.jpg
本当はもう少し膨らむのを待ちたかったんですけど、いろいろ都合もあり、ここで予熱スタートさせます。


で、レシピでは250℃予熱→生地入れて5分放置→190℃で30分焼成
なんですが、

うちのオーブンは温度が20℃ぐらい高めになるので、
230℃予熱→生地入れて3分放置→180℃で30分焼成

にしました。

オーブン用の温度計を見て温度がちゃんと上がったのを確認。

パンの表面に水を霧吹きシュパシュパして、さあ急げ急げ!

それ、いけ!

ぐお~~ん

DSCN082603.jpg
なんか、出てきた…けど…。

ちっさ!

そして、焼き上がりはこんな感じです。
DSCN082605.jpg

膨らみはあんまりないけど、いちおう~山ですよ、これは山!
型から出てますからね(汗)
DSCN082604.jpg


焼き色はあっさり、こういうの好きです。
DSCN082606.jpg

で、焼きたてのパンはうまく切れないので、冷蔵庫で冷やしてからスライスします。
あとは冷凍して、食べたい時にトーストしていただきます♪


ちょうど8枚に切れました。1枚1枚の厚みはバラバラですが…
DSCN088260101.jpg


こんな穴ぼこもあいてますが…。
DSCN083601.jpg

断面もこんな感じで荒いですが…。
DSCN083602.jpg

ちょびっとでも山になったから許す!

君を徳島の眉山にちなみ、眉食(まゆしょく)と名付けよう!
眉山
※眉山:徳島市内からも見える、標高290mのなだらかな山

DSCN0830001.jpg
徳島出身の主人と眉食のツーショット


………。

改めて比べてみると、に、似すぎ…。




「眉食焼きました♪」
なんて絶対自慢できない…。


がっくし。
(でも凝りないのが鬼嫁の本性なんで…また近いうちに焼きます、多分)
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する