mikomona家プリン部活動記録 栄養状態は改善まで至らず

主人の栄養状態改善のため、昨年12月から、毎朝プリンを食べて来て、さて血液検査で何か変化があったのか?

とちょっと楽しみにしてたんですが、


変化なし!でした。


ううっ…。



主人はもうずっと、微妙に低栄養、貧血状態なのですが、
今回もその傾向は変わりませんでした。


でも、毎日甘いプリンを食べても、血糖値に全然影響しないのが分かったのは大収穫です。
どのくらい糖質を代謝する力が残っているのか、薬が効いてるのかは、実際に甘い食べてみないと分からないですからね。

随時血糖値は93、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は5.3と、正常値の範囲。
貧血の人はHbA1cが低めに出るのを考慮しても、危険な数値ではないと思います。

これまでの数値の推移はこんな感じでした

2012年07月 5.6(JDS)
2012年10月 5.6(〃)
2013年04月 5.6(NGSP) 
※ここで国際標準値に表記が変更(これまでより0.4高くなるはずが、変わってないということは前回の数値に比べ-0.4ということ)
2013年06月 5.2(〃)
2014年03月 5.5(〃)
2014年08月 5.4(〃)
2014年11月 5.4(〃)
2015年03月 5.3(〃)

現在の国際標準値では6.5以上が糖尿病と判定されるので、かなり優秀な血糖コントロールを3年以上続けてきたことになります。

ちなみに薬は一日一回、DPP-4阻害薬(ジャヌビア)の服用だけです。

残念なことに医療の認識では、『糖尿病は一度発症すると治らない』ので、
(1型糖尿病はそうですが、2型の患者さんのなかにはインスリン分泌機能が回復する人もいるようです)
薬は飲み続けることになるでしょうが、今後もしっかり血糖値をコントロールしつつ、おいしいものを楽しむ機会を増やしていってあげたいなと思います。

他、肝機能、腎機能も概ね正常、CRP(炎症反応)も正常値、貧血は微妙に改善という感じ。

また中性脂肪、ナトリウムが低いと指摘されました。

「もっと塩を摂って良いですよ」
だそうです。


……。
多分、塩分摂取量が低いのももちろんですが、野菜(食物繊維)の摂取が多すぎるのではないでしょうか。

どんなに体に良いものでも摂り過ぎはダメ。バランスが大事ってことですね。

塩と油を増やし、でも体重と血糖値を増やし過ぎない。

うーむ。
難しいなぁ…。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する