治ってた…?

今日の夕食は、クリームシチュー(ルー、油不使用)にしました。

で、現在うちに柑橘がどっさりあるので、食後に文旦をむいて、チーズと一緒に食べました。


文旦をむさぼる主人。
DSCN090402.jpg

ちょ、ちょっと、一生懸命むいたのに私の口に入らないじゃないか!
DSCN090403.jpg

でも、分かりますよ、この文旦は本当においしいんですもの。
グレープフルーツより酸味は控えめ、ほんのり甘くて上品な味。
食後のデザートにぴったりです。

実は昼に甘夏をむいたんですが、これもむしゃむしゃ食べたんですよね…。
酸っぱい柑橘が好きな私でも、けっこう酸っぱさを感じて、それがまたうま~~い♪
二人で競うように平らげてしまいました。


あれっ。


酸っぱいの食べられるようになった?


味覚障害、治ったのかしら?


というか、嚥下障害に酸味の強い果物は向かないはずでは…。



………。
いやほんと。

完治したとは言いませんが、本当に嚥下障害は回復してきてるのだと思います。


そして味覚障害の方は、もう治ったと言って良いのではないでしょうか。
化学療法の後遺症で、苦い、辛い、酸っぱいが極端にダメになってんたんですけど
もう治療が終わって何年もたちますからね。

いや、本当は無意識に気づいてました。
だってこの冬、しょっちゅう芹や春菊を食べてましたから。
(自分が食べたいので遠慮無くお鍋に放り込んでいた)

ただ、今日甘夏を食べて「おいしい」とニコニコしてる主人を見て
その事実にハッとしたのです。



ということは、カレーもちょっと辛くして食べられるかな?
紅茶じゃなくてコーヒーも飲めるかな?(ノンカロリーシュガーで甘みは足しますけど)
抹茶プリンもいけるよね!

………。

ふっふっふ…。



密かにほくそえむ鬼嫁でありました。
スポンサーサイト

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する