『ワイルドフラワー』と呼べばごまかせると思ってる鬼嫁

原種チューリップが咲きました♪

葉っぱはよく育ちましたが、明らかに昨年より色が薄くなってます。
ま、まぁほったらかしの球根から咲いたんだから文句をいっちゃいけないですね。


続きはこちらから





色が薄くてもチューリップ、いいなぁ♪
DSCN116502.jpg

DSCN116503.jpg
もうちょっと植える場所があったら、いろんな品種をたくさん植えてみたい…。
ですが、今のところ原種(つまり小さい)を5本植えるだけで一杯一杯です。


昨年秋に植えたアネモネ、すっかりいじけてどんどん枯れていくので、
すっかり諦めていたんですが、気がついたら蕾がついてました。
DSCN116504.jpg
こちらも原種系アネモネでクリーム色の花が咲くそうです。

私の諦めの証拠です(笑)
DSCN116505.jpg

セルバチコは一昨年植えたやつのこぼれ種だからまぁ良いとして、
それにしてもアネモネを侵食してますが…。
DSCN116506.jpg
雑草ばっかり!

いや、『ワイルドフラワー』ですよ!と呼称でごまかそうという汚い根性丸出しの鬼嫁なのでした。

でも露草のブルーはきれいだし、春蓼(多分)の小さな花も可愛いと思います。これはほんと。
ちなみに春蓼には『Lady's Thumb(淑女の親指)』という美しい英名があるんですよ。これもほんと。
でも鬼嫁の乏しい想像力では、中年すぎの淑女が親指立ててニヤッと笑っている顔しか思い浮かびません…。


ワイルドフラワーといえば、今年はたんぽぽも咲きました。
DSCN116513.jpg

月桂樹の鉢に居候しています。
DSCN116514.jpg
この月桂樹はもう処分しようかと思ってるんですが、なかなか踏ん切りがつきません。
どうしようかな~~。


ミニバラたちは、雨が多いせいか、3鉢全部にうどんこ病が出ましたが、
『ハッパ乳剤』(有機農業でも使える安全性の高い薬剤です)を2度スプレーしたら、少しきれいになりました。
DSCN116507.jpg
完全にきれいにはならないかもしれませんが、やっぱり強い農薬を使う気にはなれません。
できればいっぱい虫が来るベランダでありたいのです。
美しい花を愛でるのは楽しいことですが、虫たちが健気に生きるのを見るのもまた楽しいのです。

私にとって、お金を出して買った植物も雑草も同じように可愛い。
同じ命だもの。

あ、でもあまりにも増殖した雑草は抜きます(汗)何事もほどほどです。

『オーバーナイトセンセーション』にはもう蕾ができました!
DSCN116508.jpg

みずみずしい葉っぱが美しいミニバラ。
DSCN116509.jpg

こちらも、もう花芽が出てきました。
DSCN116510.jpg

赤い若葉が、緑を引き立てますね。
DSCN116511.jpg

雨がふらないのも困りますが、もう少しお天気が長続きしてくれないかなぁ…。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する