ビオラの切り戻し

月曜の朝、雨が本格的に降り出す前にミニバラのうどんこ病対策のハッパ乳剤をスプレーしました。
ついでに伸びすぎて気になっていたビオラを、ざっくり切り戻し。

忙しい時にこういう事をしたがる嫌な性格…。

切り詰めた満開の花は、コップに挿してお部屋で楽しみます。

ふわ~っと部屋に漂う、甘い香り。

ビオラの花って、人の顔に見えてくるから不思議です。
DSCN118502.jpg
「あったかいねー」「ねー」「うふふ」「あはは」
なんか可愛いなぁ~。

濃い紫とクリームイエロー、深い青紫のコントラストがすてき。
DSCN118504.jpg

水揚げしなくても、すごく元気に咲いてます。幸せ♪
DSCN118503.jpg


上手に切り戻すと、もう一度花をたくさん咲かせてくれるそうです。
株の内側の方は随分徒長してたので、蕾がつくかどうかは分かりませんけど。
『花が元気なうちに思い切って切る』のが切り戻しのコツだそうで、花がらを摘むのはやってたんですけど
こんなにきれいに咲いてる花をざくざく切るのは、確かに勇気が入りますね。

花は咲かなくても、毎年アブラムシが大量発生して困ってるので、どうにかしたい!のです。

この子たちが植わっていたプランターにはもう一株、白いパンジーも満開に咲いてますが、週末に切り戻す予定です。
どうなるかな~。
スポンサーサイト
Theme: 写真日記 - Genre: 日記

Comment

コメント お気軽にどうぞ


管理者にだけ表示を許可する